Browsing: Japanese

コミュニティー
0

「故郷を思い出す物」写した展覧会 5月19日から8月5日まで  全米日系人博物館(JANM)で19日(土)から8月5日(日)まで、イラクとシリアからの難民たちが持ってきた「故郷を思い出す大切な物」を紹介する写真展「私たちが持ってきた物―イラクとシリアからの断片と記憶」(What We Carried: Fragments and Memories from Iraq and Syria)が開催される。

Featured
0

 カリフォルニア州税金管理局によると、同州の嗜好用マリファナ(乾燥大麻)に関する今年第1四半期(1〜3月)の税収が6090万ドルにのぼったことが分かった。  加州では今年1月1日から嗜好用マリファナの販売が解禁となり、21歳以上の成人であれば、嗜好目的でマリファナを1オンスまで所持、使用できるようになった。販売されるマリファナには15%が課税され、物品税からの税収は3200万ドルにのぼった。【吉田純子、写真も】

スポーツ
0

 女子プロアメリカン・フットボールリーグ(WFA)で、鈴木弘子が選手兼オーナーを務めるロサンゼルス・ウォリアーズは開幕から圧倒的な強さを見せ5戦無敗を誇り現在、1部リーグ4位でプレーオフ進出をすでに決めている。12日の今季第5戦は、ピコ・リベラのホームでカーンカウンティー・クルセーダーズと対戦し、47―7で大勝した。

コミュニティー
0

生け花と俳句の融合で人々魅了  いけばな草月流ロサンゼルス支部の武市玉春教授が4月28、29の両日、全米日系人博物館(JANM)で生け花と俳句の融合をテーマに「モザイク」と題した華道展を開催した。俳句をもとに、季節の花を使った色鮮やかな生け花が展示され、見る人の心を和ませた。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 トーレンス高校の元教師が男子生徒25人に対し、不適切に体に触るなどわいせつ行為をしていた事件を巡り、被害を受けた生徒とその家族がトーレンス統一学校区を相手に起こした民事訴訟で、同学校区と3100万ドルで和解に至ったことが9日、分かった。【吉田純子】

コミュニティー
0

 ロサンゼルス地域で活動する日本、台湾、韓国、フィリピンの各系の合唱団が共演する「アジア合唱祭」(クリフ・ヤング・ディレクター)が5日、アーケディア・パフォーミングアーツ・センターで開かれた。観衆約1000人を前に、歌を通じてアジア系同士が友好を深め、心を一つにした。  イベントは昨年に次ぎ2回目で、伝統の歌に加え各系が原曲をアレンジしたオリジナリティー溢れる合唱などもを紹介。日系は混声合唱団「OCFC」(住山弘会長)のメンバー20人が、法被や羽織姿で登場。懐かしい童謡など7曲を歌い、郷愁を感じさせた。特別招待され、南加で3公演を行った台湾の高校合唱団の男女56人は、若さみなぎる演技で魅了し喝采を浴びた。最後は参加者全員で「America the Beautiful」を大合唱し、フィナーレを飾った。  合唱に加え、母国の民族文化と歴史を紹介し、会場のロビーには異国情緒が漂った。日本は、鯉のぼりと鎧兜、打ち掛け、生け花を展示し交流を図った。  住山会長は「合唱と文化紹介を通じて交流し、お互いの国に関心を持つ良いきっかけになった。こうした活動がさらに広がって世界平和につながればいい」と願った。  ヤング・ディレクターは、初の試みだった昨年と比べ「ずっと良くなって来場者に喜んでもらえたのがとてもうれしい。舞台の照明効果が良くなり、各国はまたビデオを使った紹介がとても受けた」と喜んだ。来年については「みなさんにお願いして、3回目をぜひ開きたい。今年よりもいいショーになると信じている」と意欲を示した。【永田潤、写真も】

磁針
0

 ゴールデンウィークに車で遠出をした。大人の遠足。もちろんおやつ持参。「300円以内」の制限はないけれど、つい手に取ってしまうのはあの1本10円の駄菓子。子供の頃からの定番で、いまや20種類くらいの味がある。  1979年に発売された「うまい棒」。ハワイやロサンゼルスの日系スーパーにも売っていた。

磁針
0

 5月3日は憲法記念日、1947年5月3日に施行されて71年になる。憲法が改正されずに続いているのは日本の71年が最長である。何度も改憲が議論され、国民の合意が得られず71年が過ぎた。太平洋戦争が残した傷跡が深く、それだけ国民に平和への希望が根強く、9条保持へのこだわりが強かったのだろう。

特集記事
0

プロジェクト通して伝えるツチダさん  日系史の研究活動をしているダイアナ・エミコ・ツチダさんは、強制収容所に入所していた日系人から話を聞き、彼らの経験や当時の生活などを伝えるプロジェクト「鉄柵」を進めている。第1部で紹介した日系人画家ロブ・サトウさんの祖父とは逆に、ツチダさんの祖父は戦時中、アメリカに忠誠を誓わず、忠誠登録の質問に「NO」と答えたひとり。正反対の祖父を持つ2人に、それぞれの思い、そして家族の物語を聞く第2回。今回はツチダさんの祖父タモツさんの話をお届けする。【取材=吉田純子】

1 2 3 292