Browsing: ぴーぷる

ぴーぷる
0

 韓国人として、妻が日本人であることに、生きにくさを覚えることもある。特に、日本と韓国の本国同士が慰安婦問題や竹島問題で対立している時は複雑な心境だ。韓国の人と会っても「妻は日本人」と言いづらい。「なんで本国同士の問題に、自分たちが影響されなければならないのか」

ぴーぷる
0

 「きれいな沖縄しか知らない」と語るのは、長崎で生まれ、疎開先の熊本で終戦を迎えたから。小3から20歳まで育った沖縄が、人格を形成した礎だ。

ぴーぷる
0

 50年間で立ったステージは950回を超えた。「健康で、家族の支えがあったからやってこられた」と感謝の念に堪えない。任された司会は「1度もキャンセルしたことがない」。責任感が強く、母とよさんが亡くなった週末も、悲しみをこらえ舞台に上がった。「楽しみに来る客に辛い顔を見せてはならない」と、何事もなかったかのように気丈に振る舞い、脇役に徹した。

ぴーぷる
0

   「フラメンコは、自分の感情や内面をさらけ出すことで表現するダンス。感情を押し殺して育った日本人にとって最初は難しく感じるが、一度その壁を打ち破ると、今まで秘めていたクリエーティビティーが働き出し、視野が一気に広がるんです」

ぴーぷる
0

 ウクレレやアコースティックギターなどの楽器に興味を持ち、13歳の誕生日祝いにギターを贈られ、ロックやポップなど洋楽にのめり込んだ。バンド少年は、中高一環教育の進学校に通ったものの「やっぱり、音楽が一番好きだった」と、ただ1人、専門学校に進んだ。ジャズを主に音楽理論を身に着けた後、渡米。

ぴーぷる
0

 日本記録保持者など、地方の国立大としては信じがたい数々の優れた選手を育てた名伯楽だ。その理論に基づく育成法の原点は、米国にあるという。

ぴーぷる
1

 多店舗化する上で、アーバイン店は「失敗は許されない」と、覚悟を決めての出店だ。大成功したトーダイで富を築いたが、「失敗から学びながら大きくなった」とおごることはない。マキノでも共同経営の難しさや破産も経験し「ビジネスはやってみないと分からない。(成功を続け)自信過剰な面もあった」と、反省を次の事業に生かしている。

ぴーぷる
0

 長嶋茂雄、王貞治、ハンク・アーロン、カール・ルイス、ディエゴ・マラドーナ、ビヨン・ボルグ、アンドレ・アガシ、ジャック・ニクラウス、アーノルド・パーマー、ファラ・フォーセット、ロジャー・ムーア、ブルック・シールズ、ローリング・ストーンズなどなど。「数え切れない」というほど多くのセレブリティーと一緒に仕事をし、世界を飛び回った。

1 2