Browsing: コミュニティー

コミュニティー
0

 日本のニュースや旅番組などを英語で放送する「NHKワールドTV」は「Japanese Culture Week in LA」と題した日本紹介イベントを5日(木)から9日(日)までの5日間、ロサンゼルスの各所で催し、さまざまなコンテンツで日本の魅力を発信する。

コミュニティー
0

 小東京の元旦恒例イベント「お正月イン・リトル東京」が1日、ウエラーコートとジャパニーズビレッジプラザを中心に行われた。獅子舞やもちまき、書き初めなど、日本の正月ならではの伝統文化が紹介され、小東京は日本の正月ムード一色となり、2017年が華々しくスタートした。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 日本民謡の大家、佐藤松子の内弟子として長年修業を積み、師範を許されてから縁あってアメリカで指導に当たることになった佐藤松豊。まずはサンフランシスコで10年、その後、ロサンゼルスに本拠を移して民謡の指導と普及に当たること50余年。数百年も唄い継がれてきた日本の美しい民謡をアメリカの若い世代にも広めていきたいという情熱を燃やして、今日も三味線を手に颯爽(さっそう)と街々を行く。そんな松豊師匠の、民謡と共に歩んで来た長い道のりをたどってみた。

コミュニティー
0

 日本に10年暮らし、猛勉強で習得した流ちょうな日本語を駆使し、第2次大戦で世界各地で戦った旧日本軍の復員兵から当時の証言を集める、テキサス在住の親日家ダニエル・キングさんは、戦争関連の書物や写真集の刊行をライフワークとする。戦闘体験者とともに、かつての激戦地を回る活動を継続し、日米の英霊を慰めながら「戦争の真実を英語で書いて、世界に伝えることが私の仕事」と使命感を燃やす。【永田 潤】

コミュニティー
0

 12月23日に83歳になられる天皇の誕生日レセプションが6日、ハンコックパークの総領事公邸で開かれ、参加者約450人が陛下の長寿と健康を祝った。招待客に和食を振る舞って福島の地酒で乾杯し、野点や人形浄瑠璃を披露して、もてなした。来夏、小東京に着工予定の多目的複合施設「ロサンゼルス武道館」も紹介された。

コミュニティー
0

 歌のインストラクター新原由美さんと、新原さんの教え子が共演する秋恒例の歌謡ショー「歌の仲間たちと共に」が11月27日、ホリデーイン・トーレンスで開かれた。生徒は特訓したハーモニーなどを披露し、聴衆230人を魅了。参加者を巻き込んだ大合唱では熊本地震からの復興を願い、心を一つにして声を合わせ、被災地にエールを送った。

コミュニティー
0

 平成28年度秋の叙勲受章者の一人で在ロサンゼルス総領事館管轄区域在住者の猪瀬加代子氏に対する叙勲伝達式が1日、ハンコックパーク地区にある在ロサンゼルス日本総領事公邸で行われた。家族や友人などおよそ50人が出席する中、千葉明・在ロサンゼルス日本総領事から旭日単光章と表彰状が手渡された。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 日本政府の平成28(2016)年秋の叙勲者のタック西さんに対する伝達式が11月30日、ハンコックパークの総領事公邸で行われ、千葉明総領事から「旭日双光章」が授与された。受章は日本と米国間の友好親善と相互理解の促進、そして日本文化の紹介への寄与が認められ、西さんは「支えてもらった皆さんのおかげ。これからも頑張りたい」と、周囲の協力に感謝しながら、さらなる活躍を誓った。

コミュニティー
0

 大日本農会(総裁・秋篠宮文仁親王殿下)の農事功績者表彰の南加受賞者に対する伝達式が11月29日、ハンコックパークの在ロサンゼルス日本国総領事公邸で行われ、今年は国府田ファーム経営者の国府田ロス氏(52)に「緑白綬有功章」と賞状が千葉明総領事から手渡された。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 日本民謡「松豊会」(佐藤松豊主宰)は13日、ガーデナ市にあるケン・ナカオカ・コミュニティーセンターで「おさらい会」を開催した。生徒やその家族らおよそ40人が集まり、生徒は日頃の練習の成果を披露した。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 九州南部を襲ったルース台風の被災者に対する米国「難民救済法」に基づいて1955、56年に、鹿児島県から渡米した農業移民の移住60周年を祝う記念式典が6日、小東京のダブルツリー・ヒルトンホテルで盛大に開かれた。1世とその家族ら約160人が集い、移民運動を指揮した恩人の故内田善一郎さんに向け「内田さん、ありがとう」「今のアメリカの生活があるのは、内田さんのおかげ」などと、あらためて謝意を表した。2世と3世は、1世の「薩摩魂」の継承と、「『平和の天使』となって日米親善に貢献してほしい」と、願った内田さんの遺志を再び確認した。【永田潤、写真も】

1 2 3 26