Browsing: コミュニティー

コミュニティー
0

 レイクウッド在住のノンフィクション作家渡辺正清さんが、「カリフォルニアのワイン王」と称される長沢鼎(ながさわ・かなえ、本名磯長彦輔、1852―1934)の評伝を昨年末に出版した。約150年前に遡る幕末の鹿児島から英国、ニューヨーク、北カリフォルニアと長期にわたって長沢の足跡をたどり、徹底的に取材した。「とにかく、すごい男」と言い表す渡辺さんは本紙に長沢の逸話を語り、日本を出て異国で暮らす在米日本人は長沢と境遇が同じだとし「それぞれの立場で読んでほしい」と希望している。【永田潤】

コミュニティー
0

 日本食卸売業の共同貿易(山本耕生社長)は、業界関係者を対象にした食品見本市「日本食とレストランエキスポ」を11日、パサデナのコンベンションセンターで開催した。日本食がユネスコの世界文化遺産に登録され、業者には、より一層の活躍が期待される中、国内外から約100社が参加し、過去最高の2200人を超える来場者を相手に積極的に試食・試飲を薦めたり、自社製品の説明に努めるなどし商談につなげた。充実した内容の各種セミナーとワークショップも開かれ、会場は活気に溢れた。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 オレンジ郡日系協会(OCJAA、藤田喜美子会長)は12日、「敬老感謝の集いと日本文化奨学金授与式」をアナハイムのオレンジ郡仏教会で催した。今年で28回目。

コミュニティー
0

南加福岡県人会(宗伸之会長)は5日、77歳以上の会員、今年金婚式を迎えた1組の会員夫妻、総勢29人を招待し、モンテベロ市のクワイエットキャノンで敬老祝賀会を開催した。参加者たちは、日本舞踊や民謡などの余興を楽しみながら、メンバーの長寿と健康を祝った。

コミュニティー
0

 年間を通して、各種芸術文化の優れた作品の企画展を催すパサデナのシュメイ・アーツ・カウンシルは、3人の米国人折り紙アーティストの作品を並べた「The Curious Art of Origami」展を開催している。千年以上の伝統を持つ日本の文化が、米国に伝わり約100年の時を経て独自に洗練された。芸術の秋たけなわの展示では、米国人ならではの奇抜な発想で創られた作品13点を鑑賞することができる。

コミュニティー
0

 1904年に「羅府婦人会」として発足した「南加日系婦人会」(猪瀬加代子会長、会員85人)は5日、創立110周年を記念した祝賀昼餐会を小東京で催した。会場には、日系社会をはじめ各界の代表者ら約190人が集まり、社会福祉、日米友好親善、日本文化の普及など、同会の長年にわたる意義ある奉仕活動に敬意を示した。

コミュニティー
0

 創立25周年を迎えた茶道裏千家淡交会オレンジカウンティ協会(半田俊夫会長、小泉宗由幹事長)は9月28日、ニューポートビーチのマリアットホテルで記念式典を催し、来賓の堀之内秀久・在ロサンゼルス日本総領事ら参加者136人が、四半世紀におよぶ節目を盛大に祝った。記念茶会では2席を披露し、会員一同が初心に帰り、より一層精進することを誓った。

コミュニティー
0

 今年創立10周年を迎えた榧本流米国錦龍吟詠会(後藤穣叡会長)は9月28日、「秋季吟詠大会」を西羅府仏教会の社交ホールで催した。会員は、年内最後の大会とあり、日々の練習の成果を最大限に発揮するとともに、普段あまり聞く機会のない他支部の師範や会員、また他流派の吟士の吟に耳を傾けた。

コミュニティー
0

 在ロサンゼルス日本総領事館は、堀之内秀久総領事の着任レセプションを9月24日、ハンコックパークの総領事公邸で開き、地元政財界や日系主要団体の代表ら招待客約430人に、和牛やすし、天ぷらなど日本食や日本酒を振る舞ってもてなした。総領事は席上、日本政府の対外政策や文化・情報を世界に発信する「ジャパンハウス」を来年、当地に開設することを発表した。

コミュニティー
0

 「西羅府近郊詩吟同好会」(下前国信委員長、会員28人)は21日、同会の発足50周年を記念した式典および吟詠大会をウエストロサンゼルスで催した。会場には、他地域で活躍する各流派の師範らが駆けつけ、流派を超え、吟を通じて生まれた交流と友情、そしてその長きにわたる同会の歴史を祝した。

コミュニティー
0

 日本映画に特化した「The LA EigaFest」が12日からの3日間、ハリウッドで開催され、最新作をはじめ話題の長・短編を合わせた11作品が公開された。初日に開かれた開会式では、実写版「ルパン三世」が上映され、峰不二子役の女優黒木メイサさんや他の作品の監督、出演者が華やかな衣装を身にまとってレッドカーペットに登場し、イベントに花を添えた。

1 30 31 32 33