Browsing: コミュニティー

コミュニティー
0

 サンタアニタ競馬場は、今年20周年記念を迎えた東京・大井競馬場との友好提携レース「東京シティカップ」を28日に開催し、両競馬場は固い絆を再確認した。日本の伝統文化や観光情報を紹介する東京シティカップ記念イベント「ジャパン・ファミリーデー」は今年も盛況を極め、両競馬場の友好に花を添えた。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 ユネスコの無形文化遺産に登録され、さらなる普及に期待がかかる和食のおいしさを知ってもらおと、地元の食品業界関係者などを招待した試食会がこのほど、ビバリーヒルズの創作和食店「四季ビバリーヒルズ」で行われ、約130人が各種料理を賞味した。イベントは、日本の農産品の輸出拡大と、米国における和食の普及を目的に、日本の農林水産省が企画した。

コミュニティー
0

 「100歳まで健康に働く」をモットーに活動する北米百働会(西タック会長)は15日、2015年度総会ならびに新春親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。在ロサンゼルス日本総領事館の堀之内秀久総領事をはじめ、日系諸団体の代表を来賓に迎え、会員は健康に感謝するとともに、今後も日系社会への貢献を誓い合った。

コミュニティー
0

 サンタアニタ競馬場は28日(土)、東京大井競馬場との友好記念レース「東京シティカップ」を開催する。長きにわたる友好関係を祝うこのレースは今年で20周年を迎える。同時に記念行事で14回目となる「ジャパン・ファミリーデー」を催し、日本の伝統文化、観光情報を紹介する。

コミュニティー
0

 早春好例のアシックス・ロサンゼルスマラソン(15日開催)は今年で30回目を迎え、約2万6千人が参加し、無事に記念大会を終えた。大会には親善大使に任命され、元女子マラソン選手として五輪2大会連続でメダルを獲得(バルセロナ銀、アトランタ銅)した有森裕子さんが来米し花を添えた。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

  昨年のロサンゼルス映画祭でグランプリを受賞した「Man From Reno ―リノから来た男」(デイブ・ボイル監督)が27日から4月初旬にかけて、米国12都市、南カリフォルニアでは、パサデナ、ウエストロサンゼルス、トーレンス、アーバインの4都市で公開される。日米合作の長編映画の作品は、ヒロインを米国を拠点に活動する藤谷文子、謎の男を日本の映画やテレビドラマに出演する北村一輝が演じる今春注目のサスペンスミステリーだ。

コミュニティー
0

 「テイラーは日本が大好きでした。日米の懸け橋になるため日本に行ったのです」。 東日本大震災から4年目を迎えた11日、国際交流基金ロサンゼルス事務所(高須奈緒美所長)で、震災で犠牲になった英語指導助手テイラー・アンダーソンさん(当時24歳)の日本への思いを描いた映画「Live Your Dream 夢を生きる」が上映された。藤崎一郎・前駐米大使をはじめ、監督のリジー・ライフ氏も出席し、夢を生きた彼女の半生を振り返った。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
1

 「Marukai Corporation」(本社ガーデナ、関口憲司代表取締役社長)は、新コンセプトのスーパーマーケット「TOKYO CENTRAL」2号店をこのほど、ウエストコビナにオープンした。質が高く、豊富な品揃えを特色とする地域のための「大きな台所」を目指す。

コミュニティー
0

 南加佐賀県人会(飯盛裕介会長)は8日、小東京のダブルツリー・ヒルトンで創立110周年記念式典と佐賀県海外使節団歓迎会を開催した。日本からは1月に就任したばかりの山口祥義・佐賀県知事が出席。日系コミュニティーの代表者をはじめ、同会の会員らも集まる中、同会の長きにわたる歴史に思いをはせながら、記念すべき110周年を祝った。

コミュニティー
0

 シンガポールにラーメン店がいったいどれくらいあるのか、見当がつかない。若者が多く集まるブギス地区、とあるショッピングモールに、9店のラーメン店が集合体で営業している大型店舗がある。広いフロアは日本の田舎風にしつらえてあり、テーマパークさながらである。日本から進出してきた特徴のあるラーメンを出す店舗ばかり、軒を並べて営業しているのである。隣同士に同業他社がいるホーカーといわれるフードコート文化が根付いている当地ならではであろう。

1 32 33 34 35 36 43