Browsing: コミュニティー

コミュニティー
0

 小東京の諸所と、ウエストロサンゼルスのソーテル通りに植樹されている桜の木の一部が開花し始めている。木によって大きなばらつきがあるため見ごろはまだ先になりそうだが、開花している木では、大きく開いた淡いピンク色の花びらで通り過ぎる人々に春の訪れを告げている。

コミュニティー
0

 38県人会が加盟する「南加県人会協議会」は、2015年度役員就任式と親睦会を8日、モンテベロのクワイエットキャノンで開催し、小林正三会長(山形県出身)以下、新役員20人が誕生した。小林新会長は「地方文化の継承に力を注ぎたい」と述べるとともに、協議会の発展のための組織改革に取り組む意志を示した。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス市議会は25日、ウエストサイドの日本人街として知られるソーテル地区の正式名称を「ソーテル・ジャパンタウン」とする申し立てを全会一致で承認した。標識が設置され次第、セレモニーを予定している。

コミュニティー
0

 二世週祭のグランドパレードに参加するLAねぶた祭のフロート「津軽海峡 義経渡海」を積んだコンテナ船が13日、ロサンゼルス港に入港した。青森で組み立てられた義経と白馬と、龍の2ピースは通関を経て27日朝 、小東京に到着し、南加青森県人会館に納められた。

コミュニティー
0

 南加の県人会で最古の歴史を誇り昨年、創立115周年記念式典を開いて盛大に祝った南加鹿児島県人会は7日夜、ガーデナの中華料理店で2015年度総会と新年親睦会を催した。会長に頴娃(えい)町(現南九州市)出身の小田和男さんが新任され「故郷との交流」に意欲を示した。参加者96人が新会長と新役員の門出を祝い、親睦を深めた。

コミュニティー
1

 フリーウエーの渋滞緩和や大気環境改善の一環として、バスや電車といった公共交通機関の路線拡大と充実に力を入れるメトロはこのほど、乗客の忘れ物を一時保管する遺失物取扱所をミラクルマイルからより広く、ゴールドラインでアクセス可能なダウンタウン近く(3751 pasadena Ave.)に移転させた。遺失物の引き取りは収容物の20%程度と極めて低く、メトロは取扱所の存在を知ってもらいたいとしている。

コミュニティー
0

 東京在住の写真家、原美樹子さんから昨年、講義を受けた地元のコミュニティーカレッジ2校の学生7人による共同写真展が、国際交流基金ロサンゼルス日本文化センター(JFLA、高須奈緒美所長)で開かれている。学生たちは、スナップショットを得意とする原さんから学んだ、ファインダーを覗かない独特の撮影法を駆使し、作品作りに生かしている。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス市選挙管理委員会は、任期満了に伴い3月3日に実施する市議選など各予備指名選挙について、日本や中国、韓国、タイ系など少数民族のメディアを集めた記者会見をダウタウンの同事務所で開いた。ホリー・ウォルコット書記が、英語をはじめ、日本語を含む12カ国語のサポート体制を持つことを説明し「ロサンゼルス市の未来のための重要な一票を投票してほしい」と呼びかけた。

コミュニティー
0

 昨年創立110周年を迎えた南加日系婦人会(猪瀬加代子会長、会員85人)は7日、恒例の新年親睦会を小東京のホテルで催した。会場に集まった日系諸団体の代表および会員は、111年目の記念すべき一歩を祝福、会員は、日系社会の繁栄を願い過去110年以上にわたり継続してきた社会奉仕を今後も続けていくことで結束した。

コミュニティー
0

 日本人、日系人の高齢者への社会福祉活動を行う西南シニア・シチズンズ・クラブは7日、同センターで新年会と役員就任式を開催した。堀之内秀久・在ロサンゼルス日本総領事をはじめ日系諸団体の代表者、同クラブメンバーおよそ60人が集まり、新年を祝うとともに、カラオケやラッフル抽選会などの余興を楽しみ交流を深めた。

コミュニティー
0

 「南加庭園業連盟」(デレック・古川会長、18組合、会員約1100人)は1日、創立60周年記念式典をモンテベロのクワイエットキャノンで催した。会員やその家族、また日系社会の代表者ら約150人が集まり、連盟の60年間におよぶ歴史を振り返るとともに、戦後、南加日系社会の再建に大きく貢献した庭園業者の功績をたたえた。

1 60 61 62 63 64 69