Connect with

In the Rafu: Journeys in Kansai | Proud to Serve: Japanese American WWII Veterans | Family Tree Project

 

磁針

家電びっくり事情

 
 春風が吹き始めてまた日本へ渡って来たところ、日本での拠点にしている住居の冷蔵庫が故障して使えなくなった。購入してまだ数年。買い替えよりまずは修理をと、製造メーカーH社の「アフターサービスに関するご相談」という電話番号を見つけて連絡を取ってみた。

『 達 成 感 』

 
 これまでも何度かこの欄に書いたが、私は病を抱え込み、おかげで医療機関や透析センターへ通い、さらにはリハビリ訓練と、このところ週のうち6日は自分の思い通りにならない拘束の日々を送っている。自由な時間を取れるのは日曜日の一日だけだ。

頭の運動にいい?

 
 現代生活はPCに頼りきっている。
 朝起きてまず世界のニュースと、メールのチェック。一日中、PCの前で仕事をして、就寝前に最後のメールをチェックする、という人も多いだろう。
 仕事の世界では文句なく重宝だ。世界の何処に

留学生の「父」

 
 英語でも記事を執筆するようになり4年が過ぎた。今年からは英語のコラム「Ochazuke」も始め、日本語に加え、外国語で書く楽しさを満喫している。
 東海岸の大学でジャーナリズム科を専攻する前、英語力向上のためESLを履修した。そこで

特筆の桜

 
 母の卆寿を祝いに里帰りした6年前の早春の東京。着いたら都が桜の開花を宣言。僕ら夫婦も母国の同胞の桜狂想曲に加わり好天の都内各地で満開の桜を楽しんだ。桜を愛で心奪われる日本人は何ともたおやかな情緒と文化の民族かとつくづく感じ入った。

奴隷商人・コロンブス

 
 アメリカの歴史の負の遺産の部分に正面から取り組んだ力作、「Twelve Years A Slave」(邦題「それでも夜は明ける」)が今年のアカデミー賞最優秀作品賞に選ばれた。東部で自由人として生活していた黒人が騙されて誘拐され、南部に奴隷として送られ、12年間プランテーションで重労働

衝動買いの功罪

 
 たまに家の片づけをすると、いかに不用品や賞味期限切れのものが多いかを痛感する。これだけの物を買わなければ、どれだけ節約ができたろうか、と思うと悔しい。そういう時後悔するのは、車や家具など、じっくり選んだ大型物件ではなく、むしろスーパーなどで思わず買ってしまった

「映画の都」復活へ

 
 『Hollywood』~世界に知れ渡るブランドを持つLA(ロサンゼルス)は、100年前から始まった「映画の都」だ。ディズニー、ワーナー、ユニバーサルなどの「メジャー」と呼ばれる映画会社は、撮影スタジオや配給部門を所有し、世界中へ作品を制作し提供し続けている。

つながり

 
 「こんなことは、県人会がすることですよね」と、知人が言った。身寄りのいない、お年寄りのお世話をすることになった経過を話しているときのことだ。「彼女も県人会に入ってました。でも、県人会の人は関わっていなかったんですね。昔は県人会で助け合っていたんですよね。お寺の

言葉の力

 
 言葉は時に、刃物も及ばない力を宿していることがある。
 刃物で傷ついた痛みは、傷が癒えれば消えるが、言葉で傷つけられると、人間には記憶という厄介なものがあるだけに、いつまでも後を引く。
 先日友人が知人との3分足らずの立ち話で、

THE RAFU SHIMPO COMMUNITY

yemek tarifleri

  • No items