Browsing: 磁針

磁針
0

 名古屋市を訪ねた。1959年4月以来、ロサンゼルスと姉妹都市縁組で結ばれている名古屋の春は今、明るさと不安とが混じっていた。  市中心部に広がる緑の中には、かつて「尾張名古屋は城でもつ」とうたわれた名古屋城が人目を引く。

磁針
0

 春。季節感の薄い国に住んでいたとしても、春には何だかうきうきして気持ちが嬉しくなります。それは日本人に備わったDNAに刷り込まれているからなのかもしれません。植物にとって花や実そして葉がない冬には冬芽が主役です。冬芽とは、枝先などについている小さな芽のことで、春に開く葉や花がその中に格納されているのです。

磁針
0

 大西洋・地中海産クロマグロの国際取引禁止案が否決された。他国への働きかけに努め成果を挙げた日本には朗報だが、他種のマグロにも新たな提案が出されることは必至で油断してはならない。

磁針
0

 知り合いにやがて90歳に届こうという、いわば「老女」がいる。この人はこの年齢でみずからくるまの運転をして自分ひとりのための買物をし、病院にも通うという生活を毎日送っている人だが、年齢が年齢だからと見くびってはならない。毎月本屋に行って文藝春秋を買い、言語明瞭・頭脳明晰・容姿端麗。

磁針
0

 今回、トヨタ自動車がアメリカで騒がれるきっかけとなったのは、ブレーキがマットに絡み暴走した結果、死亡事故を起こしたことから始まったと記憶している。その後ハイブリッド車の問題にまで発展し、米議会が取り上げることになってしまった。

磁針
0

 「私にとっての茶道の魅力とは、『未完成(不完全)の美』。茶道に100点はないの。一から十まで学んだら、また一に戻り新たに学び直す。常に足りない部分を補いながら学び続ける姿勢が、大切なのよ」—  先日、茶道裏千家今日庵参事の松本宗静さんが、国内外における茶道文化の普及・発展に顕著な功績を収めた人に贈られる「茶道文化賞」を受賞。

磁針
0

 08年米大統領選挙の舞台裏をビビッドに描いて、発売前からいろいろと物議を醸している問題作、「Game Change」を読んだ。重厚な政治論評で知識人の間で人気のある週刊誌『ニューヨーク』の政治記者と『タイム』誌の編集者との共著だ。各陣営をくまなく廻り、大統領候補やその周辺の息遣いを「収録」している。

磁針
0

 地球の自転速度が速まるほどの威力を持ったチリ大地震。その前に起こったハイチ地震、さらにまたトルコ地震と、自然の計り知れない力を知らされる。復興の見通しも立たない甚大な被害。見送りもできない突然の出来事に傷口はさらに大きいだろうと思った。

磁針
0

 「あの夫婦は子供がいるから何とかもっているようなもんだ、子はかすがいだよ」なんて言われたら、子宝に恵まれなかった夫婦は別れる運命にあるのかといえば決してそんなことはない。むしろ夫婦円満なところが多い。DINKS(ディンクス=ダブル・インカム・ノー・キッズ、つまり共働きで子供のいない夫婦)が理想の生活スタイルという若い層も増えているのだ。

磁針
0

 誘いを受けて伊豆半島に「河津の桜」見物。2月下旬、各地ではまだ雪の便りがしきりである。車は東名高速から厚木街道へ、小田原を経て真鶴・熱海へと快調に進む。海がきれいだ。あちらこちらにいかだが浮かんだり、海沿いの街道にいろいろな構築物が増えたり、岩々に朝から大勢の釣り人が張り付いていたりする。

磁針
0

 バンクーバー冬季五輪が終了した。  中国の極彩色、ハイテクの極みを見せ付けられた夏季五輪の後ではいささか物足りないかもしれないが、自然環境を大切にしようというテーマが前面に押し出されて、爽やかな開会式典だった。

磁針
0

 NHKで「次は スポーツ 一柳さん です」というような表現を好むのは、夜9時のニュースの青山キャスターだけではない。と言うよりは、そんな言い方がNHKではごく普通になっている。そして、それが大問題であることにNHKは気づいていない。

1 120 121 122