Browsing: 磁針

磁針
0

 八百長。スポーツの試合でのあるまじき行為で、その語源が相撲であることはあまり知られていない。日本中を騒がせているこの問題が起こり、日本相撲協会は存亡の危機に立たされている。  これまで、いかさま相撲を暴こうと、週刊誌が報道、元力士は証言するなどした。

磁針
0

 政権交代で民主党が与党となって約1年半、財源確保がないままの福祉への傾斜はとうとう国の借金を1000兆円に迫る水準に押し上げた。財政均衡に見通しのない国債の格付けはさらに引き下げられ、日本はまさに嵐に翻弄される小船のようだ。  戦後、180度の価値観の転換で民主主義と共に国民の権利意識が高まった。

磁針
0

 化粧品メーカーの市場開発が段々エスカレート しており、顧客の対象がティーン・エイジャーからメイクアップにはまだ間がありそうなプリ・ティーンにまで及んでいるという。つまり10歳、11歳、12歳辺りを対象にした化粧品がどんどん出回っているそうだ。

磁針
0

 連邦政府は2年に1度、ホームレスの人口動態調査を地方自治体に課している。その統計によると、住むところを失った人の多くが、とりあえず車中生活になるという。車社会のアメリカだから、ごく自然な流れなのだが、ついでに気候温暖な地域へと車を走らせるのも自然な流れという。

磁針
0

 日本の全国各地に心優しい「タイガーマスク」が登場している。この「思いやりの連鎖」に刺激を受け、わが愛犬をアダプトしたレスキュー団体への寄付を2年ぶりに決めた。  寄付金の送り先を確認しようと同団体のホームページを訪れてみると、そこには悲しいニュースが掲載されていた。

磁針
0

 書斎に居ながらにして古い本を探すことが出来るようになったのは、オンラインショッピングのもたらした大きな変化の一つだろう。夫に頼まれて最近、二冊の専門書をインターネットで探した。

磁針
0

 今日本で、漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」名乗る匿名の寄付が全国の児童養護施設などに相次いでいるという。  事の発端は、昨年のクリスマス。群馬県の中央児童相談所の玄関先にランドセル10個が突然届けられた。

磁針
0

 日本では、一年で一番寒い1月20日頃を大寒と呼んできました。冬は、一年で太陽の恵みが最も短い冬至の時期から、寒さの始まりである小寒、そして最も寒い大寒に移り変わります。日本ではこの時期マイナス20度(摂氏)を超える地域もあり、そういった場所にも相応に適した生活が営まれてきました。

磁針
0

 母の大腸ガン摘出手術はもう6年前。今でも病院通いは続けており、今年で78歳。さすが体の動きは鈍くなっているが、しゃべりは相変わらず大丈夫そうだ。名語録がその証拠である。数年前に一度このコラムに書いたので、これは続編としよう。

磁針
0

 卯年、ウサギの年がスタートした。最悪期は脱したとはいわれる景気だが、まだまだ厳しい。そんな新年だからこそ、われわれ一人ひとりが意識して明るい気持ちを忘れないようにしたいものだ。  インターネットの情報によると、卯年生まれの人は、明るくおおらか。

磁針
0

 昨年は初めてのマイホーム購入、長女の出産、グリーンカード取得と祝い事が続いたにもかかわらず、釈然としない1年だった。というのも、自宅購入により連邦政府から受け取るはずの8000ドルのファーストホームバイヤーズクレジットに絡み、トラブルに巻き込まれたためだ。

磁針
0

 寒かったものの、気持ちのよい年明け。元日は「お正月イン・リトル東京」で、折り紙をさせてもらった。ひっきりなしの人で休む間がなかったが、おもしろい体験だった。Origamiがすっかり馴染んでいることを実感した。こんなにも、折り紙に興味を持つ人がいるのかと驚かされた。  興味を持って始めたのではなかった折り紙。

1 121 122 123 124 125 136