Browsing: Japanese

コミュニティー
0

 日米両国の日本人女性に向けて乳がんについての情報発信をするNPO「BCネットワーク」が9月22日、トーレンスのリダック・ゲートウェイホテルで「乳がん早期発見啓発セミナー」を開催した。およそ70人が集まる中、医師や心理カウンセラー、栄養士が最新の乳がん治療や心の病の対処法、食生活への取り組みなどについて講演。早期に発見すれば乳がんは治る病気であることを説明し、乳がんとの向き合い方について解説した。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 武藤顕・在ロサンゼルス日本総領事の着任レセプションが3日、ハンコックパークの総領事公邸で行われた。日系諸団体をはじめ、南カリフォルニア地区の政財界の代表者らおよそ400人が訪れる中、総領事は「ロサンゼルスをはじめとする管轄地区の平和、調和、繁栄に貢献することが自らの任務」と話し、日米親善とさらなる友好関係の強化に尽力していきたいと語った。

Featured
0

 ロサンゼルス郡参事会は1日、電子たばこや噛みたばこ、メンソールたばこなど香りが付いたたばこ製品の販売を禁じる条例案を可決した。こうしたたばこ製品を巡っては、かねてから未成年への健康への影響を懸念する声が上がっていた。【吉田純子】

磁針
0

 テニスの四大大会で2大会連続優勝し、つい最近まで世界1位の座にいた大坂選手が、生まれた大阪で2週間ほど前に開かれた大会で国内ツアー初優勝を果たした。日本語で「ありがとうございました」とあいさつし、「生まれた場所で優勝できて本当に特別」と、満面の笑みを浮かべた。

磁針
0

 故酒井雄哉・天台宗大阿闍梨が話されたことを本にしたタイトルが「一日一生」。今回の日本行で見つけた一冊。  義兄の一周忌法要を無事に終え、親戚知人を訪ねた。もちろん元気で変わりない、以前より元気の人がいれば、鬱になっていて誰にも会いたくないと断った人もいた。幸い電話では会話ができた。

コミュニティー
0

 ジャパン・ハウス・ロサンゼルス(海部優子館長)は9月25日、在ロサンゼルス日本総領事館、内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局、日本国外務省とともに、スポーツ、文化、教育の側面から日米間交流について考える特別パネルディスカッションを開催した。イベントは2020年東京五輪に関連して内閣府が推進中の「ホストタウン」の仕組みを紹介するとともに、24年にパリ、28年にロサンゼルスへと続く将来の五輪大会にそのコンセプトが引き継がれるきっかけを発信した。

磁針
0

 朝食は一切れのトーストにチーズと野菜の添え物を長年食べていたが、断念することに…。一昨年複数の人から定期検診を薦められ、4年ぶりに色々と検査をした。ほとんどの検査が終わり、これといって大きな変化はなかったみたいだとホッとしていたら「糖尿です!」との宣告。

コミュニティー
0

 第60回海外日系人大会が1日、開幕し世界各国から集まった日系人が「令和の日本と国際化の架け橋・日系社会」をテーマに3日まで、さまざまなプログラムをこなし親睦を深め、世界の日系人のネットワークを広げる。憲政記念館で行われた会合には約200人が参加し、天皇皇后両陛下がご臨席された。

コミュニティー
0

 北海道立礼文高校と姉妹校提携を9月19日に結んだバーバンク市立ジョン・ミューア中学校は翌20日、 「第7回ジャパンデー」を行い、礼文高からの研修生9人を歓迎した。両校代表が姉妹校の象徴となる旗を掲げ披露すると、全校生徒や教師は拍手を送り今後も末長く交流を育むことを誓った。

コミュニティー
0

 北海道礼文高校(坂野裕悦校長)とバーバンク市立ジョン・ミューア中学(グレッグ・ミラー校長)が、7年の交流を実らせ姉妹校提携を結んだ。19日にバーバンク市教育委員会の定例議会で催した提携式で晴れて承認された。礼文町は、両校を取り持った北海道出身の阿岸明子さんを国際交流親善大使に任命した。

磁針
0

 リトル東京サービスセンター(LTSC)の所長だったディーン松林さんが9月4日、49歳で亡くなった。22日には小東京の本派本願寺羅府別院で葬儀が行われ、1500人以上が参列し若くして逝ったディーンさんの人柄を偲んだ。ベニス出身のディーンさんの小学校、高校の友人、UCアーバイン時代の友、公共政策を学んだハーバード・ケネディー・スクールでの学友らがロサンゼルス市代表に続き焼香。

1 2 3 4 340