Browsing: Japanese

コミュニティー
0

 南加熊本県人会(沖田義邦会長)は、平成最後の親睦会をこのほど、トーレンスのミヤコ・ハイブリッドホテルで開催した。75人が集い、歌や踊りを楽しみ親睦を深め和やかなひとときを過ごすとともに、発生から3年の熊本地震で被災した故郷の復興支援継続へ団結心を新たにした。

コミュニティー
0

 今年28回目を迎えた歌謡チャリティーショー「春・歌まつり」(荒木淳一実行委員長)が3月31日、トーレンスのアームストロング劇場で開催された。ロサンゼルス地区だけでなく、サンディエゴやラスベガス地区で活動する歌の愛好家も参加し、およそ30人が懐かしの歌謡曲や昭和に流行したデュエット曲などを披露。表彰式では出場回数が20回、15回、10回となった歌手にそれぞれ記念の盾が手渡され、パサデナ日系高齢者会に2千ドルが寄付された。

磁針
0

 ネイティブには通じない和製英語が、日本では日常的に使われている。  襟が付き前をボタンでとめるシャツを総称してワイシャツと呼ぶが、語源はホワイトシャツ。「 wh 」で始まる英単語はホから書かれる場合が多く、ホワイト以外ではホイール、ホイップ、ホワイ、ホワットなど。

コミュニティー
0

 ロサンゼルスの5カ所の学校で継承日本語に取り組む日本語学園協同システム(村方清学園長、生徒500人)の連合スピーチコンテストが3月23日、小東京の曹洞宗禅宗寺で行われた。先に各学校で行われた1次を勝ち抜いた代表44人が、小学部から高等学部部門、学園特別選出部門にエントリーし、連合コンテストの頂点を目指して熱弁を振るった。【麻生美重、写真も】

磁針
0

 先日、友人たちと集まり、1年に1度の旧交を温める機会があった。5名全員、各々の分野で専門職を持ち、それなりに業績を残してきたプロフェッショナルである。くったくのないお喋りだが、話の内容は豊かで実りがある。仕事、ボランティア、社会や経済の動き、こういう場にはご法度とされる政治や宗教の話題も出る。

スポーツ
0

 「インディカー・シリーズ」(全17戦)の今季第4戦、第45回「アキュラグランプリ」(決勝14日・日曜午後1時42分、ロングビーチ市街地コース)に臨む佐藤琢磨(レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング)が11日、メディアランチョンに参加し、先週に次ぐ2週連続優勝へ意欲を示した。

磁針
0

 「ふるさと」ってどんなものだろう。私にとっては永遠に想像するもの。  生まれ育った場所に思い入れはない。小中高のクラスメートで今でも連絡をとる人はひとりもいない。社会人になったら転勤族で地方都市を転々。その後は日本を離れた。  それでも、ひとつはっきりと言えることがある。

コミュニティー
0

  障害を持つ子ども達の、日本語を話す親たちが組織するサポートグループ「手をつなぐ親の会」(Japanese Speaking Parents Association of Children with Challenges=JSPACC、会員約200人)はこのほど、日本福祉大学スポーツ科学部教授の金森克浩氏をメインスピーカーとして招き、「iPadを使うコミュニケーション実践方法、視線入力はここまですごい!」と題した「視線入力」についてのセミナーをロサンゼルスの立正佼成会で行った。【麻生美重、写真も】

スポーツ
0

 女子アメフトの濵口芙由紀はプロ4年目の今季、さらなる高みを目指して戦いの場を「レジェンズ・フットボール・リーグ」(LFL)に求め「ロサンゼルス・テンプテーション」に移籍し5日夜、本拠地オンタリオで行われた開幕戦で、リーグ初の日本選手としてのデビューを飾った。本職の弁護士との二刀流で挑む「弁護士フットボーラー」は、観衆の大歓声で迎えられ新天地で再び輝き始めた。

磁針
0

 年を取ると、時間が早く過ぎると聞いていたが、全くそのとおり! もう4月。そして、今月で平成が終わって、新元号の令和になるという。お年寄りと明治・大正・昭和と3つの元号を生きてきたんだね! と言っていたら、平成になり4つの元号を生きて、すごいね! と話した過去が、今では自分のことになって3つの元号を生きる身となった。

磁針
0

 中南米からアメリカ入りした難民らを収容するテキサス州ディリーの施設前で3月末、日系人のグループが抗議デモを行った。LA在住の友人がこのデモへの応援をSNSで呼びかけており、私も見守っていた。  トランプ政権下で対移民政策が厳しくなる中、同施設では子供が病気で亡くなる惨事や、親子が引き離される事態が起き、被収容者の人権が案じられる。

1 2 3 4 5 325