Browsing: ウエストコビナ

コミュニティー
0

 「シェフ・サトー」で日系社会では、その名が通る元フレンチシェフの佐藤了さん(80)。来年に迫った母国開催の東京オリンピック・パラリンピックに対する思いは人一倍強い。料理人として携わった1964年の東京大会に次ぎ、2020年大会のボランティアに応募し、人生2度目の檜舞台に大きな夢を膨らませる。25歳だった若者が、オリンピックで出会った本場欧州各国のお抱えシェフから刺激を受け、料理修業へと欧州へ旅立ち、世界の扉を開くことになった当時の記憶を蘇らせ「もう一度、東京オリンピックで料理を作りたい」と熱く語る。【永田 潤】

コミュニティー
0

 ウエストコビナの東サンゲーブルバレー日系コミュニティーセンター(ESGVJCC)の日本語学校(智子・クワン校長)は年末の恒例行事、餅つき大会を15日、同センターの中庭で開いた。生徒約80人と教師、ボランティアスタッフ、父母ら約100人が参加し、掛け声に合わせて力いっぱいに餅をつき、迎春準備を整えた。

磁針
0

 スポーツの祭典といえば、真っ先に思い浮かべるのがオリンピック。そしてもう1つ、同じ4年に1度開かれる世界大会がある。そう、知的障害を持つ人たちのスペシャルオリンピックスだ。ここロサンゼルスに165カ国から約6500人が集まり、25日から来月2日まで繰り広げられる。

コミュニティー
1

 「Marukai Corporation」(本社ガーデナ、関口憲司代表取締役社長)は、新コンセプトのスーパーマーケット「TOKYO CENTRAL」2号店をこのほど、ウエストコビナにオープンした。質が高く、豊富な品揃えを特色とする地域のための「大きな台所」を目指す。

コミュニティー
0

 東サンゲーブルバレー日系コミュニティーセンター(ESGVJCC)は、新年度役員就任式を1月24日、ウエストコビナの同センターで開いた。3期目続投となったフィリップ・コマイ会長以下、新役員が就任し任務の全うを誓った。初の試みとして、センターの運営で寄付や奉仕で貢献する功労会員4人を表彰した。

コミュニティー
0

 日本で約280店を構える大手ディスカウントストア「ドン・キホーテ」傘下の日系スーパーマーケット「マルカイ・コーポレーション」(本社ガーデナ、関口憲司代表取締役社長)は、コスタメサの既存店舗を全面改装し、店名を改めた「トウキョウ・セントラル」1号店を22日、グランドオープンする。「日本食文化を発信」をコンセプトに、総菜に力を入れた新業態で全米に多店舗展開し、3月にはウエストコビナに2号店をオープンさせる。【永田潤、写真も】

特集記事
0

 日系の8合唱団が合同した東日本大震災の復興支援チャリティコンサートが11日、ウエストコビナ・クリスチャン教会で開催、参加者約200人から4000ドルを超える寄付を集めた。公演の最後には、全合唱団、総勢120人による福島鎮魂歌が初披露され、被災地へ捧げた。