Browsing: オバマ

磁針
0

   オバマ大統領に普天間問題では「トラスト・ミー」と言い、一時は県外移設案を打ち上げ、沖縄県民をぬか喜びさせた鳩山由紀夫元首相。最後の最後では日米政府合意済みの辺野古移設を受け入れた。その鳩山という政治家について、ヒラリー・クリントン前長官はどう見ていたか。

磁針
0

   ベトナム戦争を描いた「プラトーン」などでアカデミー賞を受賞しているオリバー・ストーン監督が「The Untold History of the United States」と題する異色のアメリカ現代史を書いた。  ストーンはベトナム戦争に従軍した経験がある。

磁針
0

   私たちは、普通の人が共通して持っている、あるいは持っていなければならない知識、理解力、判断力を「常識」と称しているが、困ったことに常識は少しウヤムヤなところがあって、その価値や意義どおりに正しく評価されていない。  オバマ大統領が先週、「今こそ、

磁針
0

   2013年を迎えるにあたりまして、謹んで新春のご挨拶を申し上げます。  暮れの本欄でも触れましたように、何か忘れ物をしたような気持ちのままで迎えた新年。それでも、アメリカは再選されたオバマ大統領が真価を問われる第2期目に入り、

磁針
0

   オバマ大統領がロムニー共和党大統領候補を抑えて、再選された。勝因については、急増するラティーノ票の71%がオバマ大統領に流れたとか、アジア系票が確実に共和党から民主党に流れ始めたとか、いわれている。だが、再選されたオバマ大統領もいつまでも勝利の美酒に酔いしれているわけにはいかない。

磁針
0

   大統領選挙投票日の夜、オバマ再選が確定した後、ロムニー候補は、Concession speech「敗北演説」を行った。負けを潔く認め、勝利者をたたえ、素晴らしい国づくりに協力する、と。キャンペーン中、あれだけ中傷合戦をしたので、本心は定かではないが、国民に対してケジメをつける意味でも、

磁針
0

   4年ごとに11月の第一月曜日の次の火曜日、つまり今回は6日が大統領選の投開票日。予備選から始まって長丁場の大統領選まであと2週間。いよいよ最後の秒読み段階に入った。  正式には6人いる大統領候補の誰が第57代大統領に当選するか、世界中が注目している。

磁針
0

   大統領選挙まで残り1カ月を切った。4年前、オバマ大統領が歴史的勝利した時の興奮は、今でも鮮明に覚えている。「Change!」 と「Yes, We Can!」のスローガンで、希望ある新時代到来を予感させた。  就任後、自動車産業、銀行や金融業界の建て直しに取り組んだ。

磁針
0

   今、全米の児童たちが空腹で悲鳴をあげているという。  米国では近年、子どもの肥満問題が深刻化。健康的な食生活を送らず、必要な栄養素を十分に摂取できていない生徒たちが増えている。こうした事態を受け、2010年にオバマ大統領が新たな学校給食法である「健康で飢えることのない子どもたち法案」に署名。

磁針
0

   暑い8月。67年前の広島、長崎への原爆投下。—そして終戦。  戦争体験とその後の食糧難、住宅難をはじめとした社会的混乱を経験した日本人が少なくなるなかで、原子力の平和利用を謳いながら、核に対する姿勢は福島の原発事故を経て大きな変化を見せている。

磁針
0

   オバマ大統領のホームタウンであるばかりに、G8とNATO首脳会談という2つの国際会議開催地に選ばれたシカゴだったが、G8だけはキャンプ・デービッドに変更されてヤレヤレと思ったのもつかの間、60カ国の代表が参加したNATO首脳会談は予定通りシカゴで開催され、

磁針
0

 アメリカの肥満率は33.8%(CDC調べ)で3人に1人が太りすぎだという。最近は子どもの肥満も問題視され、オバマ大統領夫人は全米の学校給食で従来のピザなどの代わりに、新鮮な野菜や果物を献立に加える取り組みを行っている。  一方日本では、若年層の女性の痩せすぎが深刻化しているという。