Browsing: サンフランシスコ

磁針
0

 「世界一安全な都市」に東京が選ばれた。これは英エコノミスト誌が発表した、世界50都市を対象にしたもっとも安全な都市ランキングだ。2位がシンガポール、3位が大阪となった。  調査は道路の質や災害時の被害状況をもとにインフラの安全性や、

 ニュース
0

 長引く干ばつに頭を悩ませているカリフォルニア州だが、冬に雨季を迎える北カリフォルニアのサンフランシスコで、先月1月は1度も雨が降らなかったことが分かった。1月の雨量がゼロという記録は過去165年間ではじめて。

コミュニティー
0

 日本で開発販売されている「介護食」を米国で紹介する目的で日本の農林水産省と関係企業が12日、ビバリーヒルズにあるナーシングホーム「The Rehabilitation Centre of Beverly Hills」を訪問した。実際にケアが必要な入居者や施設で働く栄養士に試食してもらい、米国で日本の介護食は受け入れられるのか、その調査と意見交換が行われた。【吉田純子、写真も】

磁針
0

 新年まであと数日となった。2015年はさまざまな意味で節目の年だ。日米関係でいえば戦後70周年だし、日系コミュニティーでは二世ウィークが75周年を迎える。ロサンゼルスで領事館が設立されたのも100年前、1915年(大正4年)7月14日のことだ。

コミュニティー
0

 レイクウッド在住のノンフィクション作家渡辺正清さんが、「カリフォルニアのワイン王」と称される長沢鼎(ながさわ・かなえ、本名磯長彦輔、1852―1934)の評伝を昨年末に出版した。約150年前に遡る幕末の鹿児島から英国、ニューヨーク、北カリフォルニアと長期にわたって長沢の足跡をたどり、徹底的に取材した。「とにかく、すごい男」と言い表す渡辺さんは本紙に長沢の逸話を語り、日本を出て異国で暮らす在米日本人は長沢と境遇が同じだとし「それぞれの立場で読んでほしい」と希望している。【永田潤】

磁針
0

 新幹線が開業して10月1日で、50周年を迎えた。東京五輪の開幕に合わせたこの国家プロジェクトは、戦後復興の繁栄と、高度経済成長期の日本を象徴するもので、いつまでも語り継いでほしい。  当初は東京―新大阪だった。

磁針
0

   日本よりもひとまわり広く、経済力は国連加盟国の193カ国対比で第8位というカリフォルニア州。広大な面積に人口は約3800万人。  同州は現在、地域ごとにさまざまな社会問題をかかえていて、サクラメント(州政府)が正確に問題を把握し、解決策を見出していくのは極めて

 ニュース
0

   加州財務局が4月30日に発表した人口調査によると、2013年の加州人口が3834万人に達した。前年から35万6千人増(0・9%)だった。加州の482都市のうち439都市で人口増がみられる一方、農村部など遠隔地では人口減が続いていることも分かった。

磁針
0

   今年の冬はとても暖かく過ごしやすい。大雪が降っている東海岸に出張に行った人などは、帰ってくるとたいてい風邪を引いて、「西海岸は天国」と笑顔を見せる。ところがいいことばかりではない。例年冬に雨が降るというのに、今年は全くその兆しがない。例年冬は、わが家の芝生の水

磁針
0

   お盆が近づいてきた。7月になると、お盆供養・カーニバルとお寺の行事が毎週続く。本格的な夏の到来、という気分になる。  この頃になると、ちょっと前、ずっと前に鬼籍に入った方々を思い出す。その人たちを思うとき、その昔の人のことがさらに思われる。

磁針
0

   「終わらない戦後」―戦友を失った元兵士、元捕虜、遺族など心に傷を負った多くの人が、こう思っていることだろう。さらに最近、近隣諸国から責められる母国に胸を痛める戦争を知らないわれわれの世代でさえも、いつまで続くのかと憂う。

磁針
0

   多くの政党が競った日本の総選挙が終了した。この選挙には日本国外からも在外投票によって私たち在留邦人が参加し、一票を投じた。選挙結果は自民党の圧勝、民主党の惨敗、日本維新の会の第3党進出など、大きな変化となった。これが有権者の審判の結果であり、