Browsing: ジョージ・タケイ

コミュニティー
0

[/caption] 第二次世界大戦中の日系人強制収容所を題材にしたホラー作品「ザ・テラー:Infamy」の放送が12日、全米で始まった。 これに先立つ6日、出演者と関係者を招いた初回放送の試写会が小東京の全米日系人博物館(JANM)で開催された。会場前に設置されたレッドカーペットには、出演者や関係者が次々と訪れ、制作と出演のジョージ・タケイ、ドラマ「ウエストワールド」などへの出演で知られる祐真(すけざね)キキ、主演のデレック・ミオらがカメラのフラッシュを浴びた。

磁針
0

 NHKが日系人俳優のジョージ・タケイをナレーターにした日系強制収容所のドキュメンタリーを制作したり、民放テレビ局が日系人を題材にしたドラマを作ったり、日本では日系人を扱った番組が目立っている。  こうしたテレビの影響もあってか、今年のマンザナーでの追悼式典には日本企業関係者数十人が参加した。

特集記事
0

http://www.rumioyama.com/ 小東京のアラタニ劇場で2月28日、ブロードウェーミュージカル「アリージャンス・忠誠」のロサンゼルスプレミアが開催された。日米文化会館(JACCC)前のレッドカーペットには、映画、テレビ関係者、プロデューサー、俳優、脚本家、ミュージシャン、ジャーナリストなどが多数訪れ、地元ボイルハイツ出身の日系映画スター、ジョージ・タケイ主演の舞台開幕に花を添えた。

Featured
0

 トランプ大統領がイスラム圏7カ国からの米国への入国を制限する大統領令に署名したことを受け、これに反対する日系人俳優で活動家のジョージ・タケイが13日、ロサンゼルス市庁舎でイスラム系の人々への支援を呼び掛けた。【吉田純子。写真も】

コミュニティー
0

 現在公開中のライカ・スタジオ制作のストップモーション・アニメ「Kubo and the Two Strings」で、声優として出演した日系人俳優ジョージ・タケイが8月25日、全米日系人博物館(JANM)を訪れ、自身の役のパペットを寄贈した。同スタジオ社長で、本作で監督デビューを果たしたトラビス・ナイト氏も出席し、本作への思いを語った。【吉田純子、写真も】

特集記事
0

 アジア系メディアの発展に取り組むNPO「アジア系米国人ジャーナリスト協会(AAJA)」のロサンゼルス支部が6月25日、全米日系人博物館(JANM)でデジタルメディアのコンベンション「V3」を開催した。今年は羅府新報社がゲストスピーカーのひとりとして招かれ、エスニックメディアのデジタル化への移行についてパネルディスカッションで意見を交わした。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 全米日系人博物館(JANM)は2日、運営資金集めのガラディナーをセンチュリーシティーにあるハイアット・リージェンシー・センチュリー・プラザ・ホテルで開催した。日系社会の代表者や同館の支援者およそ1200人が集まる中、チャリティーオークションが催され、日系社会に貢献した人物への表彰式も行われた。今年は日系人俳優のジョージ・タケイ氏に同館から名誉勲章が贈呈され、同氏のこれまでの功績をたたえた。【吉田純子、写真も】

特集記事
0

     昨年から始まり今年2回目を迎えたロサンゼルスの日本映画祭「LA Eiga Fest」が14日から3日間、ハリウッドのエジプシャン・シアターで開催された。初日の14日にはオープニングセレモニーが行われ、北米プレミアとなる「るろうに剣心」が上映された。同作の大友啓史監督、俳優の青木崇高ほか、同じく同祭上映作「ヘルタースケルター」の蜷川実花監督、俳優の桃井かおりらが出席する中、日本映画の祭典が華やかに行われた。