Browsing: タブレット

磁針
0

 夏休みに入り、6年生を終えた上の娘が友達の家で「お泊まり会」があるというので行かせた。室内に泊まる普段とは違い、裏庭にテントを張る「24時間キャンプ」なのだという。丸1日屋外のテントで過ごし、家に入るのはトイレの時だけ。食事も持ち物もそれぞれ分担するなど夏休みに入る前から準備を整えていたようだ。

磁針
0

 羅府新報に入社して1カ月。霜月になった。新たな環境で新しいことを習う毎日。不惑をとうに過ぎてからの新生活は戸惑うことも多いだろうと予想していた。ペースを保ちながらも一生懸命やろうとか、多少の空回りは覚悟しておこうとか、頭の中では準備した。  だが初日、緊張はマックスに。

磁針
0

 随筆集を上梓したと、友達から一冊の本が送られて来た。きれいな表紙に、ずっしりと重量感もあり立派なものだ。  どれどれ? と読み始めるが、何行も読まないうちに目が疲れてくる。年のせいだろうかと思いながら、幾度か挑戦するのだけれど、根気が続かない。

磁針
0

 今から30年前にヒットしたSF映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」。そのPART2で主人公が未来へタイムスリップしたのが先月21日だった。映画で描かれた未来の技術や出来事について、各国メディアが取り上げた。

磁針
0

 指先一本で好みの情報をインターネットから引き出せて、天気予報から市バスの停留所通過時刻、レストランの予約から約束のリマインダーまで、秘書を一人ポケットに入れているような、しかし路上や駅頭で引ったくられたり、運が悪ければ命と引き換えにせねばならないスマホ(スマートフォン)をやっと手に入れた。

磁針
0

   前からeReaderがほしいなとは思っていたが、先月、父の日に娘とカミさんがタブレットを買ってくれた。前に娘に買ってあげたのと同じ機種で、ラップトップとeReaderの中間的機能を持っているといえばいいか。先輩格の娘に教わりながら楽しんでいる。

磁針
0

   テクノロジーの発展と共に「テレビを見る」という概念は革新的な変化を遂げている。  スマートフォンやタブレットで、いつどこでも好きな番組が気軽に見られる時代になりつつある。  ここ数年、急速に伸びているのがネット配信だ

磁針
0

   3年ほど前、「eReaderは買わない。今後、はやるかすたるか見てみよう」などと書いたことがある。しばらく様子を見たが、新機種が毎年のように出ており、古い機種はそれなりに安くなってはいる。新しいものはコンピューターと同じで基本価格はあまり値下がりはしないようだ。

磁針
0

   昔、東京郊外で育った少年の頃、『仮面ライダー』を見たかったら、土曜日の夜は友達との遊びを切り上げ、各自7時半までに必ず帰宅しなければならなかった。まだビデオもなく「録画」という概念もない。その放映時間に間に合わず見損なったら、もう二度と見られない、という時代