Browsing: テリー・ハラ

コミュニティー
0

 南加日系商工会議所(山城キティー会頭)は10日、昨年秋と今年春に日本政府から叙勲を受けた在ロサンゼルス日本総領事館管区居住の5人を祝福する「叙勲祝賀昼餐会」をモンテベロ市のクワイエットキャンで開催した。受章者の家族や友人、南加地区の日系社会の代表者らが集まる中、5人のこれまでの功績をたたえ、受章を祝った。【吉田純子、写真も】

 ニュース
0

 平成27年度秋の叙勲受章者のひとりで在ロサンゼルス総領事館管轄区域在住者のテリー・ハラ元ロサンゼルス市警察(LAPD)副本部長に対する叙勲伝達式が10日、ハンコックパーク地区にある在ロサンゼルス日本総領事公邸で行われた。家族をはじめ友人、日系コミュニティーの代表者らおよそ50人が出席する中、堀之内秀久・在ロサンゼルス日本総領事から旭日小綬章と表彰状が手渡された。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 記念すべき75回目を迎えた今年の二世週祭(テリー・ハラ実行委員長)が23日、閉会式を終えた。同日、1街で行われた街頭音頭には同祭新女王のサラ・クニコ・ハッターさんとコートたち、音頭ダンスの振付けを担当した坂東秀十美社中をはじめ、南加地区で活動する日本舞踊の各社中など、多くの人が参加し、小東京を熱気で包んだ。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 16日、夕闇迫るグランドパレードに、8年ぶりに雄姿を表わした中型ねぶた「津軽海峡 義経渡海」。「光る彫刻」と称される芸術品は、存在感を誇示するために観衆を焦らしながら日が落ちるのを待ち暗闇の中で出陣。「そこのけ、そこのけ、千両役者のお通りだ」—威風堂々と大とりを務めた。約50分にわたり小東京を練り歩き多くの感動を与え、第75回記念の二世週祭を飾るにふさわしい期待通りの活躍を見せた。【永田 潤、写真も】

コミュニティー
0

 第75回記念「二世週祭」(テリー・ハラ実行委員長)は、第1週の15、16の両日開催され、祭りの呼び物グランドパレードと、コロネーションが盛大に開かれ、伝統の祭りは佳境に入った。さまざまなイベントが催され盛り上がり、猛暑の小東京をさらに熱くした。「二世週祭特集第二弾」では祭りの熱狂ぶりを伝えるほか、今週末も繰り広げられる日本文化紹介や各種展示・実演など盛りだくさんの内容で見どころを紹介する。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 二世週祭財団(テリー・ハラ実行委員長)が選出したパイオニア賞受賞者6人に対する表彰昼餐会が19日、小東京のダブルツリー・ヒルトンで開かれた。南加日系社会の発展のために尽力するリチャード・ユタカ・フクハラ、半田俊夫、猪瀬加代子、松前勝清、ジョージ・タカマサ・ナガタ、デビッド・ヒロシ・ヤナイ各氏の顕著な功績をたたえ、家族や奉仕仲間など出席者約250人が先駆者の受賞を盛大に祝った。【永田潤、写真も】

コミュニティー
0

 記念すべき75回目を迎えた二世週祭。今年のクイーンを選ぶコロネーションボウルが15日に、グランドパレードが16日にそれぞれ行われた。両日、JANM前の広場にはたくさんの七夕飾りが飾られ、小東京一帯では日本文化を紹介する各種展示が催され、多くの人で賑った。今年はパレードに青森のねぶたが登場。祭りは最高潮に盛り上がった。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 75回目の記念すべき年を迎えた二世週祭。今年、実行委員長を務めるのは、ロサンゼルス市警察(LAPD)でアジア系として初めて副本部長にまで昇格し、今年3月に退職した日系3世のテリー・ハラ氏だ。2009年にも実行委員長を務め、今回が2度目。今年のテーマ「Let the Good Time Roll(ずっと楽しく)」にふさわしく、世代、人種を超えて楽しめる特別な祭りにしたいと意気込む。同氏に今年の見どころや、二世週祭にかける思いなど話を聞いた。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 日系社会伝統の第75回記念「二世週祭」(テリー・ハラ実行委員長)の開幕式が19日、小東京の全米日系人博物館で開かれ、堀之内秀久・在ロサンゼルス日本総領事、海部優子・JBA(南カリフォルニア日系企業協会)筆頭副会長ら来賓や各支援団体の代表など約200人が参列した。

コミュニティー
0

 今春の叙勲で、日米の文化交流促進および日本の野球界の発展に貢献した功績が認められ、旭日中綬章を受章した元ドジャース社長兼オーナーのピーター・オマリー氏に対する勲章伝達式が8日夜、試合前のドジャー球場のフィールドで催され、堀之内秀久総領事から勲章が授与された。式典には、ドジャースでメジャーデビューを果たした野茂英雄氏が、日本からお祝いに駆けつけ、恩人に花束を贈った。【永田 潤】

コミュニティー
0

 約388万人の市民の安全を守る「LAPD(ロサンゼルス市警)」に35年間勤務し、アジア系として最高位に昇格した日系3世のテリー・ハラ副本部長(58)が3月31日をもって退職し、輝かしいキャリアに幕を下ろした。入署時に抱いた「公務員として、ロサンゼルス市民のために尽す」という初心を貫き、任務を遂行。「わが警察官人生に悔いはなし」という半生を振り返る。【永田 潤】

コミュニティー
0

 南加青森県人会は、新年総会と親睦会を参加者約50人を集め18日、小東京の青森県人会館で開いた。奈良佳緒里会長と前会長の豊島年昭顧問が、青森市観光大使に任命されたことが発表され、会員一同は故郷のPRと、今夏の二世週祭で催す、ねぶた祭に向け一致団結を誓った。

1 2 3