Browsing: トーレンス

コミュニティー
0

 サクサクのエビ天ぷらが乗った大ぶりの天丼で有名なトーレンスの「マツイ・レストラン」。長年の店長であるアルトゥーロ・ラミレスさんは、紙のマスクをつけてニコニコしながら、ヤンキースのスラッガーだった松井秀樹選手がホームランを打つたびに、「特製マツイ丼」を食べに来る客の行列ができたものだ、と話す。

コミュニティー
0

 トーレンス市で起こったアジア系市民が被害に遭った3件のヘイト事件に対し、人種による偏見や差別に抗議する集会が11日、ヘイトスピークの現場となった同市のウィルソン公園で行われた。被害者4人がスピーチし、そのうちの1人の日本人男性は、集結した100人を超える参加者に向け、加害者が逮捕されていない理不尽な対応を訴えた。

コミュニティー
0

 新型コロナウイルスの非常事態宣言で外出が禁止され、全ての小売店が閉鎖されたのは、村井エリーさんが新しいビジネスをスタートさせたわずか数週間後のことだった。日本で流行するクラフトバンドの手芸材料を輸入販売する専門店「カゴクラフト」(トーレンス)は2月22日に開店祝いのオープンハウスを開催した。それから1カ月も経たぬうちに加州に非常事態宣言が発令されたが、キットを地域社会に寄付することで道を探り、難局を打開する。【長井智子】

コミュニティー
0

 5月31日の午後にトーレンス市民センターで行われた「ブラック・ライブス・マター」をスローガンとする平和的な抗議大会には100人以上が参加した。アジア系米国人を含む多民族と多世代が集まり、市庁舎の前から、トーレンス大通りとマドロナ街の角に移動して、参加者は芝生に横たわった。ジョージ・フロイドさんに敬意を表して、「息ができない」と唱えた。

コミュニティー
0

 新型コロナの拡大防止措置による収入減少が原因か、ストレスが原因か。営業制限の打撃にあえぐ日本人飲食店オーナーを強盗という二重の不幸が襲った。襲われた2店の店主は、それでも強く立ち上がり、営業を続けている。お客さん、コミュニティー、仲間の励ましがあればこそ。温かい心ざしがあり、新しいつながりがある。苦難の中にも見つけることのできる宝がある。

磁針
0

 「小学校の勉強で好きな科目は?」と聞かれたら迷わず「体育と図工!」と答える子供だった。ところが体育は「得意」だったが、図工のほうは「好きこそものの上手なれ」とはいかず…。悲しいかな、私は「ぶきっちょ」な子供だったのだ。  いつも母と開いた本があった。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス地域在住の日本語を話すシニアが「明るく元気で楽しく過ごせるように」の趣旨で昨年4月に設立した「チャランポランの会」は会員数を増やし、100人を超えるまでに規模を拡大している。イベントを催し、会員の投稿による季刊会報誌「かわら版」発行などを通じて親睦の輪を広げ、会員数200人を目指している。

コミュニティー
0

 南カリフォルニアの華道界をリードする池坊、小原流、草月流の3流派の37人の教授陣で構成する「いけばな教授会」が新年会を19日、トーレンスのミヤコ・ハイブリッドホテルで催した。同会名誉顧問の武藤三佐子・総領事夫人をはじめ日系社会の多方面から来賓を迎え、参加者38人が親睦を図り華道の普及にいっそう精進することを誓った。

コミュニティー
0

 北米沖縄県人会(エディー・カミヤ会長)はこのほど、沖縄出身の人気バンド「BEGIN」を招いたコンサートについて3月28日(土)午後7時半からトーレンスのエルカミノ・カレッジ内のマーシー劇場での開催が決定したことを発表した。チケットは、18日(土)午前10時から発売が開始される。

コミュニティー
0

 創立50周年を迎えた日本語補習校の「あさひ学園」(幼稚部〜高等部の児童・生徒数1308人)がこのほど、4校合同の記念大運動会を開催した。サンゲーブル校が使用するサウス・エルモンテ高校のグランドに家族や友人、関係者を含む約3千人が集まり、秋晴れの下50年の節目を共に祝った。

磁針
0

 サウスパサデナ市のアパートに住む親友宅に先月、アパートのマネージャーから、60日以内の立ち退きを命じる手紙が来た。家賃の滞納をはじめ、これまで一度も問題を起こすことなく、模範的な賃借人だったにも関わらず、理由なしに突然言い渡された「no-fault eviction」に、私も親友も憤慨した。

1 2 3 5