Browsing: ドナー

磁針
0

 先日、ふと目にした記事。『Researchers Turn Spinach Leaf into Beating Heart Tissue』。研究成果はBiomaterials (Journal)誌の Vol.125に発表されている。  「読んで字のごとく」というわけでもないが、『ほうれん草の葉っぱを心臓組織に変換』することをマサチューセッツ工科大学で研究者がランチの時に考えついたそうな。

特集記事
0

 2009年8月に急性骨髄性白血病と診断されたフロリダ州マイアミ在住の宝田初瀬さんは、昨年3月に受けた骨髄移植のおかげで再び健康な生活を手に入れることができた。移植以来、待ち望んでいた「命の恩人へお礼の気持ちを伝えること」がこのほど、ついに実現した。

磁針
0

 「骨髄移植を特集する記事でインタビューを受けていた日系ドナーの骨髄を移植されたのは、この私なんです」—  先日、オフィスに一本の電話がかかってきた。受話器から今にも飛び出してきそうなほどの明るい声は、約35年前に長野県からフロリダ州マイアミに移住した日本人女性だった。

特集記事
0

 ジムに通い、バランスの取れた食事を心がけ、健康そのものだったサンホゼ出身のマシュー・ヌエンさんの体に異変が起こったのは、薬剤師を目指しバージニア州の薬科大に通っていた06年。「気付いたのは、チョコレートを食べた後の腫れと意味なく体にできるあざ。でも、初めは住み慣れた土地を離れて違った環境に住んでいるせいだと気にしなかった」

特集記事
0

 全米がん協会や赤十字社などといった団体と比べ、骨髄バンクの存在感が薄い理由の一つに、「骨髄移植=激痛」という方程式ができあがっており、拒否反応を示す人が多いことが上げられる。さらに、登録してすぐにドナーになれるとは限らない。中には登録から5年、10年後に連絡がくることもあり、「妊娠中」「病気になった」「気が変わった」「家族の反対」など、登録時から生活状況や健康面に変化があることが多いのも理由だ。

特集記事
1

 「骨髄移植のドナー」と聞いて、多くの人の頭にはまず、「激痛」という二文字が浮かぶかもしれない。しかし、どれだけの人が、骨髄移植には全身麻酔で骨から骨髄液を抽出する方法と、麻酔なしで腕から末梢血幹細胞(PBSCT)を採血する方法の2種類あることを知っているだろうか。またどれだけの人が、米国内で行われる骨髄移植の75%がこのPBSCTであることを知っているだろうか。そしてどれだけの人が、適合者が見つかる確率は自身の人種に深くかかわることを知っているだろうか—。生きるため、日々適合者を待ち続ける患者、「苦しんでいる人を助けたい」と骨髄を提供したドナー、移植を受け生きる喜びを日々噛みしめるレシピアント、そして専門家。それぞれの立場から、骨髄移植の実情についてまとめた。