Browsing: ドラフト

磁針
0

 ワクワクしてくる。夏から秋の季節の変わり目に、アメフトのシーズンが始まるからだ。ここ地元のロサンゼルスでは、長期間留守にしていた2つのNFLプロチーム、ラムズとチャージャーズが戻ってきた。生で試合を観戦したいアメフト・ファンにとっては嬉しい限りだ。  自分はどちらかというとプロより大学のアメフトが好きだ。

磁針
0

 誰がこんな結果を予想しただろうか。テレビの前で一喜一憂し、最後は絶叫した。トランプ氏が逆転勝利。アウトサイダー。異端児。誰も本気で大統領になるなんて思っていなかっただろう。  2週間前、日本でも前評判を大きく覆す歴史的勝利があった。

磁針
0

 プレーオフシーズンたけなわの日米のプロ野球。熱戦に目が離せない中、ロサンゼルスと広島でプレーした一野球人のストーリーを紹介したい。その主人公は、数日前に現役引退を表明した黒田だ。  高校時代は控え投手で、大学を経てドラフト2位で入団した球歴を、意外に思うだろう。

磁針
0

 夏季五輪リオデジャネイロ大会が始まり、日本選手・日本チームの成績に一喜一憂する日が続く。  今大会は1人の選手がとりわけ身近に感じられて、応援に熱が入る。  シアトル日本商工会主催で先月半ば、女子バスケットボール日本代表チームの渡嘉敷来夢(とかしき・らむ)選手の壮行会が催され、その場で彼女の人柄に魅せられたからだ。

磁針
0

   秋のこの時期は、大学アメフトで盛り上がる。プロに比べ、予期できぬ試合展開が断然面白い。青春真っ只中、みなぎる力でひた向きにプレーする若者の姿はすがすがしい。  ところで日本ではまれだが、アメリカでは学生選手が頻繁に転校する。理由はさまざまだ。学業

磁針
0

   プロ野球のドラフト会議が、25日に行われた。今年も、春夏の甲子園や神宮を沸かせ、将来が嘱望される若い選手の進路が決まった。1位指名は、競合が多く、その時はくじ引きの抽選で、当選した球団が交渉権を得る。選手本人は言うまでもないが、家族、そして学校関係者などは結果が出るまで、

磁針
0

 日本のプロ野球関連のニュースに「日本ハム、菅野指名巡り東海大側に謝罪」と題した記事があった。  〈日本ハムの大渕隆スカウトディレクターは、ドラフトの戦略上、菅野の周囲や大学側に事前に指名あいさつを行わなかったことが、困惑を与えたことを同大側に謝罪したことを明らかにした〉という内容だ。