Browsing: ハイテク

磁針
0

 日本もLAも今夏は猛暑に悩まされている。だが、日本と比べれば、LAは遥かにしのぎやすい。夕日が落ちれば涼しい風が吹き、気温がぐっと下がり、心地よい夕刻となる。待っていましたとばかり、家々から連れ出してもらった犬たちとその飼主が近くの公園に集まる。人間は何やかやのスモールトークに話が弾み、足元の犬たちは犬同士で戯れる。

磁針
0

 ファンドレイジングやらなにやら、猛烈に忙しい2週間が過ぎて、ほっとして、さてお礼の遅れているところ、連絡の滞っている人に電話をと、わが愛しの携帯電話のスイッチを押したところ、ウンでもないスンでもない。画面は真っ黒、確か昨夜一晩充電しておいたはずで空腹なはずは無い。念のためにもう一度ケーブルを差し込んでみたが充電している気配も無い。

磁針
0

 「アナログ」(Analog)。連続した量(例えば時間)を他の連続した量で表示することを意味する。  アナログと対比されるのが「デジタル」。アナログが情報を電圧や電流などの物理量で表すのに対して、デジタルは数字で表す。  それが転じて、「新しいもの」をデジタル、「古いもの」をアナログと表現されている。

磁針
0

 かつては米国で活躍した企業戦士たちが引退を迎えると、大半が日本帰国を選ばれた。その理由は米国と比べ十分の一の医療費、食べ物、それに日本の充実した交通機関、自分で運転しなくてもどこにでも行ける便利さである。高齢になればなる程、この三要素は大きな理由になる。

磁針
0

 スポンジ化とは何だろうと興味を持つと、それは今、日本の都心でたくさんの空き家がそのまま放置されている現象を指しているのだそうだ。  昨年暮れ日本に帰国した時、住宅街を歩いていると、草ぼうぼうになり、荒れ果てた住宅があちこち目に付いて、驚いた。

磁針
0

 指先一本で好みの情報をインターネットから引き出せて、天気予報から市バスの停留所通過時刻、レストランの予約から約束のリマインダーまで、秘書を一人ポケットに入れているような、しかし路上や駅頭で引ったくられたり、運が悪ければ命と引き換えにせねばならないスマホ(スマートフォン)をやっと手に入れた。

磁針
0

   ハイテクのおかげで情報は一瞬のうちに世界を駆け巡る。私たちの子供や孫には「世界は一つ」感は当たり前の時代になった。もち論、日々の生活は住んでいる地方性の上になりたっているから、暑いの、寒いの、都会だ、田舎だ、という制約からは逃れられない。また、制約があるから

磁針
0

   現代生活はPCに頼りきっている。  朝起きてまず世界のニュースと、メールのチェック。一日中、PCの前で仕事をして、就寝前に最後のメールをチェックする、という人も多いだろう。  仕事の世界では文句なく重宝だ。世界の何処に

磁針
0

   「フェイスブック、やらない?」「うーん」躊躇(ちゅうちょ)した。FBとは若者の交流サイトという固定観念がある。仕事仲間、絵や歌の仲間、長年の親友。交友は広く深く恵まれている。いまさらFBなんて。  「それがいけない。精神の若さの秘訣は、

磁針
0

 Eメールやテキスト・メッセージに市場を奪われた郵政局が半端でない赤字対策として、普通郵便の切手の値上げ、現行の44セントが1セント上がって45セントに、土曜日の配達を無くして週5日営業、ファーストクラスの翌日配達が無くなり、早くて2日から3日、職員3万5000人を解雇して経費の削減を図るそうだ。

磁針
0

 半年経てば古くなるといわれるコンピューターもさることながら、アイフォーンだのスマート・フォーンだのと呼ばれるコンピューターの曾孫のような代物の開発や売り込みが凄まじい。  結構金額の張るものだが、音楽も聴けるし、小さいながら映画も見ることが出来る。