Browsing: ハローキティ

特集記事
0

   サンタアニタにあるウエストフィールド・ショッピング・モールに、サンリオの人気キャラクター、ハローキティのカフェ「ハローキティ・ミニ・カフェ」が7日にオープンした。ハローキティがデザインされたケーキやクッキー、飲み物を取り揃え、ファンにはたまらないスポットが南カリフォルニアにまたひとつ誕生した。【吉田純子、写真も】

磁針
0

 日本から世界へとはばたいた人気キャラクターはハローキティだけではなかった。今、犯人逮捕や死体発見に一役買うだけでなく、リオ五輪への観光客誘致にまでポケモンゴーが注目されている。  ポケモンゴーは任天堂など3社が共同開発したスマートフォン向けゲームアプリで、スマートフォンのカメラを起動し、画面に映し出されたその場の景色に架空の生き物「ポケモン」が現れ、画面上で捕まえるゲームだ。

特集記事
0

 いまさらだが、ハローキティである。シンガポールに着任してすぐ抱いた疑問は、いったい何が彼らをこれほどまでに魅惑しているのか、というものだった。地下鉄やバスの共通パスも、昨年の建国50周年で郵便局から発売されたキャラクター人形も、キティだった。後者においては、シンガポールの多文化を表現すべく、マレー系、インド系、中華系の衣装をまとったものに、徴兵制のあるこの国らしく、ナショナル・サービスの軍服をまとったキティまで発売されていた。

コミュニティー
0

 今春の叙勲で、日米の文化交流促進および日本の野球界の発展に貢献した功績が認められ、旭日中綬章を受章した元ドジャース社長兼オーナーのピーター・オマリー氏に対する勲章伝達式が8日夜、試合前のドジャー球場のフィールドで催され、堀之内秀久総領事から勲章が授与された。式典には、ドジャースでメジャーデビューを果たした野茂英雄氏が、日本からお祝いに駆けつけ、恩人に花束を贈った。【永田 潤】

特集記事
0

 日本だけでなく、今や世界で人気のポップ・アイコン「ハローキティ」の初の北米ツアーが始動した。12日から14日までイングルウッドにある屋内競技場「LAフォーラム」で行われたショーには多くのキティファンが訪れ、キティのパフォーマンスに熱狂した。【吉田純子、写真も】

ビジネス
0

ウエストフィールド・サンタアニタ マーケティング・ディレクター ランコ・ミヤザキさん  映画プロデューサーから大型ショッピングモールのマーケティングディレクターへと転身し、異なる分野でキャリアを積んできたランコ・ミヤザキさん。昨年8月にウエストフィールド・サンタアニタのマーケティング・ディレクターに就任。仕事を通して当地の日系社会との関わりが増え、父から受け継いだ日本人としてのアイデンティティーを日々感じているというミヤザキさんに話を聞いた。【取材=吉田純子】

コミュニティー
0

 サンリオの人気キャラクター、ハローキティの誕生40周年を記念して、小東京にあるロサンゼルス現代美術館(MOCA)のゲフィン・コンテンポラリーで10月30日から11月2日までの4日間、世界初のコンベンション「ハローキティ・コン2014」が開催された。地元ロサンゼルスだけでなく、カリフォルニア州外からも多くの人が訪れ、およそ2万6千人が来場。キティの世界観を大いに満喫できるイベントとなった。

コミュニティー
0

日本だけにとどまらず世界各国の子供から大人まで、幅広い層から人気を集めている(株)サンリオのハローキティ誕生40周年を記念して、小東京の全米日系人博物館(JANM)で「ハローキティのスーパーキュートな世界への体験」展が11日から始まった。1974年11月1日に誕生して以来、多くの人々を魅了してきたキティの世界観にどっぷり浸れる内容となっている。【吉田純子、写真も】

特集記事
0

 日本を中心にしたアニメや漫画、ゲームをテーマにした北米最大規模の「アニメ・エキスポ」が4日、ロサンゼルス・コンベンションセンターで開幕し7日までの4日間開催される。各キャラクターの衣装に身を包んだ「コスプレーヤー」がお決まりのポーズを披露するなど、多くのアニメファンで賑わいを見せている。

特集記事
0

   東日本大震災のこの1年間の復興支援に対し感謝の気持ちを表すとともに、震災から立ち直る日本の元気な姿を見せるイベント「Japan. Endless Discovery.」が10日、ロサンゼルスのショッピングモール、グローブで開かれた。地元の団体が日本のさまざまな伝統文化を披露し、日系企業は世界に誇る最新の環境技術など活動を紹介。米国で知名度のあるロックバンド「X JAPAN」のYOSHIKIさんが、あいさつし「支援が必要」と訴えた。イベントは、主催した在ロサンゼルス日本国総領事館と、JBA( 南カリフォルニア日系企業協会)の共催。