Browsing: ピクニック

磁針
0

 卯月、日本から桜満開のニュースが連日のように届いた。各地の桜の名所はどこも花見客で溢れ、それを取材する側もあらゆる見出しを付けて花の季節を伝える。古今を通じていかに日本人が桜を愛でてきたか、あらためて知る思いだ。  桜の下でピクニックや宴会をするという別の楽しみがあることも、日本人が花見好きな一つの理由かもしれない。

磁針
0

 「ロサンゼルスから発信された日本文化がアメリカ人の心に響き、日本に興味を持つきっかけになってくれたら嬉しい」。先日伺った南加宮城県人会のピクニックでメンバーのひとりがこう話した。  LAの日系コミュニティーの夏の祭典・二世週祭と同時に開催されるLA七夕祭りで飾られる七夕飾りの制作にメンバーたちは今年も余念がない。

コミュニティー
0

 南加鳥取クラブ(牧進会長)は7月31日、オレンジ郡ラ・パルマ市のセントラル・パークで毎年恒例の夏のピクニックを開催した。同クラブのメンバーほか他県の県人会の代表者らおよそ70人が参加。鳥取県の代表的な伝統芸能「傘踊り」が披露され、メンバーらは婦人会のメンバーが作った郷土料理を食べ、カラオケやゲームなどを楽しみ親睦を深めた。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 北米沖縄県人会(國吉信義会長)は17日、サウスエルモンテ市のウィティアナロウ・レクリエーションパークで毎年恒例のサマーピクニックを開催した。琉球民謡や舞踊が披露され伝統芸能を楽しむとともに、奨学金の授与式も行われ、若きウチナーンチュの門出を祝福し、会員同士の親睦を深めた。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 南加宮城県人会(米澤義人会長)はさきごろ、恒例のピクニックを開催。汗ばむほどの陽気に恵まれたこの日、親子3世代のメンバーや県にゆかりのある人などが集まって、楽しい夏のひと時を満喫した。また、新しくデザインされたオリジナルグッズが販売され、今年も東日本大震災の被災地への義援金が集められた。遥か海の向こうの故郷を思い、その思いを行動に移していく力強さは今も健在だ。【中西奈緒、写真も】

コミュニティー
0

 南カリフォルニア日系コミュニティーの夏の恒例行事、ピクニックが各地で行われている。ブエナパークのジョージベリス公園では2日、静岡県人会(蒲原孝郎会長)と和歌山県人会(有地敏弘会長)がそれぞれにピクニックを開催した。会員各自持ち寄った美味しい食事に舌鼓を打ちながら、ゲームやカラオケ、民謡などの余興を楽しみ親睦を深めた。

コミュニティー
0

  晴天に恵まれた12日、北米沖縄県人会(國吉信義会長)は毎年恒例のサマーピクニックをサウスエルモンテ市のウィティアナロウ・レクリエーションパークで開催した。今年は昨年より200人ほど多い800人が大集合。若手メンバーの活躍も目立ち、世代を超えて集まった会員たちは沖縄伝統の民謡や舞踊、盆踊り、食事やゲームなどを楽しみながら沖縄スピリットを分かち合い、夏のひとときを楽しんだ。【中西奈緒、写真も】

コミュニティー
0

 今年で創立105周年を迎えた南加広島県人会は6月21日、同婦人会、若者会員を中心としたヒロケングループ合同のサマーピクニックをブエナパーク市のボイセランク公園で催した。猛暑が予想されたこの日だったが、終始心地よい風が吹くなど最高のピクニック日和となり、子どもから大人まで3世代約200人は青空の下でのアクティビティーを満喫した。

磁針
0

 日系コミュニティーのピクニックシーズンも到来し、いよいよ夏本番。先週末も気温が急上昇し、カ氏温度が3ケタを超えた地域もあったようだ。  一方で夏になると毎年カリフォルニア州の住民を悩ますのが山火事。ロサンゼルス近郊のサンバナディーノ国立森林公園で発生した山火事は依然火の手が燃え広がり、北カリフォルニアや、セントラルコーストでも先週末、山火事が発生した。

コミュニティー
0

 南加神奈川県人会は8日、恒例の新年親睦会をイングルウッドのレストランで催した。昨年新会長に内定していたボブ・ウエダさんが病気療養中のため、昨年まで5年間会長を務めたフランク・川瀬さんがウエダさんの復帰まで続投することになった。

磁針
0

 「お月見しませんか」  三世の友人TさんからEメールが届いた。  お月見ねえ。渡米44年になり、44回目の秋を迎えたが、あらためてお月見をしようなどと考えたこともなかった。  アメリカ人に日本の四季の行事など説明するときには、「日本では仲秋の名

1 2 3 4