Browsing: ファン

磁針
0

 ワクワクしてくる。夏から秋の季節の変わり目に、アメフトのシーズンが始まるからだ。ここ地元のロサンゼルスでは、長期間留守にしていた2つのNFLプロチーム、ラムズとチャージャーズが戻ってきた。生で試合を観戦したいアメフト・ファンにとっては嬉しい限りだ。  自分はどちらかというとプロより大学のアメフトが好きだ。

磁針
0

 スポーツ面を広げて、アッと声が出た。「錦織、右手首腱断烈」最低3カ月の療養が必要で、「今季残り全試合を欠場」と伝えていた。アーア、自己最高4位を記録した世界ランクだが、一からの出直しとは、厳しい状況だ。

磁針
0

 「マーチマッドネス」といえば、毎年この時期3月を中心に開催される全米バスケットボール大会を指す。プロとはまた趣向が違い、何よりもトーナメント方式なので、一試合ごと真剣勝負でスポーツファンを熱狂させる。ひたむきに挑む若者の姿に感動するのだ。

磁針
0

 浪曲(浪花節ともいう)という演芸は私の知る限り、戦後のラジオの時代に人気絶頂を極めたが、いまでは日本の演芸の主流から少々はずれてしまっているようで、私のようなファンからすると少々さびしいかぎりだ。  広沢虎造(二代目)の『清水次郎長伝』、玉川勝太郎(二代目)の『天保水滸伝』、寿々木米若の『佐渡情話』、三門博の『唄入り観音経』などが一世を風靡(ふうび)した時代があった。

磁針
0

 稀勢の里がついに第72代横綱になった。  これまで、優勝かと期待をされては終盤に崩れることが続き、はらはらしながら取組を見たものだが、ついに先場所、賜杯を初めて手にした。そして新横綱の誕生だ。  熱烈な相撲ファンではなかった私だが7年ほど前、東京での会合で、当時部屋を継いだばかりの玉ノ井親方(元大関の栃東)と同席する機会があった。

磁針
0

 ピート・ローズが持つ最多安打4256本を、イチローが2週間ほど前に日米合算で抜いた。今季も「第4の外野手」という控えの難しい役どころながら、限られた出番でチャンスを生かし、1試合で2本、3本、そして4本などと打ちまくり、カウントダウンのたびに、ファンは心を躍らせた。

磁針
0

 一体に、日本からアメリカに来た人の中には、どういうわけか自分の過去を美化する人が多い。裕福な家庭に育ち、一流私大を出たなんてすぐにばれるようなウソを平気でつく。年齢を3~4歳ぐらいサバを読むなんてかわいいほうだ。

磁針
0

 「野球の神様」といえば、言わずと知れたベーブ・ルース。その伝説の強打者の安打数を超えたのが、われらの英雄イチローだ。おめでとう。  海を渡っても、卓越したバットコントロールを駆使し、数々の記録を打ち立ててきた。

磁針
0

 9月の雨、情緒があって、ちょっと寒さに向かう雨だという印象があったが、この蒸し暑さは何だ。夏の雨ではないか、という季節はずれの雨に降られた。場所によっては、洪水被害もあった。  テニスの全米オープンは、もしかしたらの期待を抱かせた錦織圭選

磁針
0

   米ゴルフツアーで、松山英樹が初優勝を遂げた。日本人で4人目、本格参戦1年目、弱冠22歳での快挙だ。プレーオフにもつれ込み、ハラハラさせたが、ウイニングパットを沈め、大きく両手を挙げてガッツポーズ。大会ホストの帝王ジャック・ニクラウスから優勝トロフィーを贈られ、満

磁針
0

   桜が日米の各所で咲き誇るぽかぽか陽気の中、全米で自動車レースの各カテゴリーが開幕し、ファン待望の胸躍るシーズンがやって来た。そして、アメリカ最高峰の「インディカー・シリーズ」の今季第2戦「トヨタ・グランプリ」が今週末、ロングビーチで開催される。地元で開かれる

磁針
0

   10日に行われる大リーグのオールスター戦に出場する最後の1人を決める追加ファン投票で、気を揉んだ人が多かったことだろう。ア・リーグの途中経過発表でリードしたダルビッシュが逃げ切り、晴れてメンバーに選ばれた。常連だったイチローの連続出場は10年で途切れ、

1 2