Browsing: フィリピン

特集記事
0

 1985年、熊本出身の職人がロサンゼルスに和菓子屋を開店した。日本各地で鳴らした和菓子職人の率いるこの店が、地元の茶の湯で信頼される存在となるのに時間はかからなかった。順調だった店にやがて最初の不幸が訪れ店は窮地に立たされる―。創業者家族から店を受け継ぎ再建させた妹夫婦。いくつもの困難を乗り越え不安に苛まれながらも、兄から受け継いだ職人の技を以って、今では店を順調に切り盛りする。「周りの人に助けられてここまで来た」  ロサンゼルスに残る数少ない和菓子屋のひとつ、「ちからもち」の34年の足取りを取材した。  【麻生美重】

コミュニティー
0

 ロサンゼルス地域で活動する日本、台湾、韓国、フィリピンの各系の合唱団が共演する「アジア合唱祭」(クリフ・ヤング・ディレクター)が5日、アーケディア・パフォーミングアーツ・センターで開かれた。観衆約1000人を前に、歌を通じてアジア系同士が友好を深め、心を一つにした。

磁針
0

 まさかと驚いた1995年の阪神淡路大震災や、繰り返される映像に胸のつぶれる思いがした5年前の東北大震災に続き、地震とは縁がないとばかり思っていた熊本で大地震が起きた今年。  四国・高知へ帰省すると、夫の実家の玄関先には、津波時の避難荷物がまとめられている。

磁針
0

 「日本男児は中国女性」「大和なでしこは韓国男性」-厚生労働省「人口動態統計月報計の概況」が直近の国際結婚の実態を浮き彫りにしている。  夫妻のどちらか一方が外国人の婚姻件数の推移をみると、ピークは2006年の4万5000組。

磁針
0

   フィリピン方面の料理だと思うが、牛肉とタケノコの炒め物がある。  僕が渡米し、最初に通った語学学校の近くのレストラン。日系人のご主人が料理していたと思うが、フィリピンの娘さんがサーブしており、「私のところの料理」と教えてくれた。

磁針
0

   東日本大地震を思い出させるフィリピンの台風被害は日ごとに犠牲者の数を増やしておりすでに死者4000人超という。近所の中国系フィリピン人の女性は被害に遭った家族を案じて帰国したまま未だに帰ってこない。  自然は時に情け容赦の無いむごいことをする

磁針
0

 好奇心を高めていろいろと尋ね回らない限りは、そこでしばらく暮らしてみて初めて理解できるようになる、ということが、やはりある。  1984年に、日本とのあいだを行き来しながらではあったが、フィリピンのマニラに半年間ほど滞在した。使っていたホテルの近くに薬局があった。その前をいつ通っても、店のカウンターの前には人だかりがあった。

磁針
0

 2006年9月に調印された日比経済連携協定(EPA)では、日本で介護士として仕事ができるのは〈4年制大学卒業者でフィリピン介護士研修修了者か看護大学卒業者〉とされた。しかも、その条件には〈4年以内に日本の「介護福祉士国家資格取得」を取得しなけれならない〉という項目があった。