Browsing: フェイスブック

磁針
0

 指先一本で好みの情報をインターネットから引き出せて、天気予報から市バスの停留所通過時刻、レストランの予約から約束のリマインダーまで、秘書を一人ポケットに入れているような、しかし路上や駅頭で引ったくられたり、運が悪ければ命と引き換えにせねばならないスマホ(スマートフォン)をやっと手に入れた。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス市選挙管理委員会は、任期満了に伴い、来春実施する市議選など各選挙に備え、英語を含む12カ国語による多言語サービスを開始し11月18日、キャンペーンのキックオフセレモニーを市庁舎前広場で開いた。キャンペーンは、少数民族をターゲットに母国語で支援し、選挙の周知を図り、投票率アップにつなげるのが狙い。

コミュニティー
0

 「米国日系レストラン協会(JRA・波多野勲会長)」は、多種類の日本食と、地酒・焼酎などを一堂に集めた試食・試飲会「日本食の祭典」を9日、ユニバーサルシティのホテルで催した。15回目を数えた食欲の秋の恒例行事は、過去最高という約1400人の人出を記録。幅広いメニューを誇る日本食の特徴を前面に押し出し、すしに刺身、地酒などの高級料理から、おでん、焼き鳥、たこ焼きなどのB級料理にいたるまで、各ブースに長い行列ができ盛況を極めた。

磁針
0

   5月3日付の磁針で、信号が赤になる前に横断歩道を渡り終えたにもかかわらず、秒読み時計と点滅信号が表示された後に横断歩道に足を踏み入れたことで、「ジェイウォーキング」(道路横断歩行違反)の切符を切られた話を書いた。罰金は197ドルと高額で、オンラインで支払うと手数料

磁針
0

   先日、ABCテレビで興味深いインタビューを見た。フェイスブックCOOで、著書「Lean In」でも有名なシェリル・サンドバーグは最近「ボッシー(威張りんぼ)と呼ばないで」キャンペーンを始めた。自身も小学生時代に、学校の先生が友人に「シェリルはボッシーだから一緒に遊ばない

磁針
0

   先日、アメリカに留学している卒業間近の約30人の日本人大学生を相手に話をする機会をいただいた。最初は年齢があまりにも離れているので、躊躇(ちゅうちょ)したが、今まで多くの先輩、取引先にお世話になった恩返しと思って引き受けた。

磁針
0

   謹んで新春のお喜びを申し上げます。  いったいに、年があらたまるということは、今年こそ何か新しい良いことが起きるのではないかという漠然とした期待感を、なぜかいだかせます。しかしながら、過ぎ去りし日々歳月を振り返ってみても、特段、驚喜するような出来事に

特集記事
0

 新たな年を迎え、誰しも気持ちも新たに「今年の抱負」「決意」「目標」などを持つことだろう。実行に移し努力するものの達成できずに「また来年」、三日坊主で終わることも多々ある。それとは対照的に、強い気持ちを抱いてダイエットを決心したガーデナ在住の翠尾圭造さんは、205ポンド(約93キロ)だった体重を炭水化物の摂取を減らす方法で、昨年4月からの半年間で、約45ポンド(約22・6キロ)の減量に成功した。フェイスブックで状況を知らせる、後には引けないプレッシャーの中での公開ダイエットは、友達からの応援を味方につけ、スリムなスタイルに「変身」。心身ともに健康を取り戻した秘訣を紹介する。【永田 潤】

磁針
0

   「フェイスブック、やらない?」「うーん」躊躇(ちゅうちょ)した。FBとは若者の交流サイトという固定観念がある。仕事仲間、絵や歌の仲間、長年の親友。交友は広く深く恵まれている。いまさらFBなんて。  「それがいけない。精神の若さの秘訣は、

特集記事
0

 南加山口県人会(リチャード・フクハラ会長)は23日、エリジアン・パーク内のレクリエーション施設、オールド・ロッジ(旧称)で夏恒例のピクニックを催した。英語を話す3世が中心となり企画・運営し、参加者約200人がBBQを味わい、郷里の岩国音頭やカラオケ、各種ゲームに興じ親睦を深めた。将来が嘱望される3子弟には、奨学金を授与し前途を祝した。

磁針
0

   5月の第2日曜日は「母の日」。以前、私の友人がお母さんを亡くした。「参ったよ。覚悟はしていたがおふくろの死がこんなに辛いとは思ってもみなかった」60歳を過ぎた彼のしみじみした口調は私の心に響いた。私も母親を亡くした時に同じような思いをしたからだ。

磁針
0

   集団でダンスを踊る「ハーレム・シェイク」が今世界中で話題だ。この「ハーレム・シェイク」はバウアーというDJの同名の曲に合わせ、最初1人が踊り始めると、周りにいた人たちも突然一緒に踊りだすというもの。急速な勢いで広まり、インターネットの動画サイトには