Browsing: プロジェクト

磁針
0

 大きな北斗七星を見た。これまでに見たことのない大きさの。  先日、知人のアーティストグループが、グリフィスパークで深夜にアートプロジェクトを催した。往復1・5マイルの行程で山登りをした先に、水場があった。そこで、暗闇の中で参加者が与えた刺激に反応して光を放つ水に歓声を上げる。

磁針
0

 年を取るに連れて、黒い髪に白髪がちらほら見えてくる。「白髪」の英語を「ホワイトヘア」と訳す人もいるが、おそらくこの場合は「gray(grey)hair」の表現の方が適している。日本語で灰色の髪、灰髪とはあまり言わない。いわゆる銀髪をさすこともある。英語と日本語では、色のニュアンスや感覚に微妙な違いがあるのだ。

磁針
0

 ここ一、二年、サブサハラ・アフリカに嵌(は)まっている。  旧知の社会活動家、玉井義臣さんが始めた「アフリカ孤児高等教育支援イニシアティブ」のアドバイザーを請われたのがきっかけだった。  サブサハラの孤児たちを欧米先進国の大学で勉強させ、卒業後は母国の発展のために尽くしてもらおうという画期的なプロジェクトだ。

磁針
0

 忘却とは忘れ去ることなり 忘れ得ずして忘却を誓う心の哀しさよ—  放送時間になると女湯が空になったといわれ、昭和の一時期を風靡したラジオドラマ「君の名は」の有名なナレーションを覚えている人の年齢はだいたい想像がつく。

磁針
0

 「今日、ともしび文庫の鍬入れ式がありました」と、嬉しそうに友人。  2月半ばのある日のことだ。「建築許可が2月末で切れるのに建設のメドが立たず、もう諦めそうになりましたが、地元の建築会社が無料で基礎工事をしてくれることが急きょ決まり…」と続けた。

磁針
0

 「人からタダで950億円もかき集めた、すごいおじさんがいる」-ロッキード事件で田中角栄・元首相を起訴した堀田力・元東京地検特捜部検事がコラムに書いている(京都新聞社会福祉事業団「ふれあい福祉」)。「あしなが育英会」の総元締め、玉井義臣さん(81)のことだ。

磁針
0

 パーティーで久しぶりの友人に会った。後日届いたメールには自前の天文台を作りますとある。写真が趣味の彼は、以前、珍しい金環日食の写真をCDで送ってくれた。時々刻々と欠けゆく太陽、動画も交えた数々の写真は圧巻だった。

磁針
0

 70年代のはじめの頃、食料品の買い物にスーパーマーケットに行くと、ハンドルなしの茶色の大きな紙袋に食料品を入れてくれた。  そんな紙袋に肉やミルク、野菜をはみ出すほど入れて、4〜5袋買っても25ドルくらいでレジを通ることができた時代である。

磁針
0

 新幹線が開業して10月1日で、50周年を迎えた。東京五輪の開幕に合わせたこの国家プロジェクトは、戦後復興の繁栄と、高度経済成長期の日本を象徴するもので、いつまでも語り継いでほしい。  当初は東京―新大阪だった。

磁針
0

   今年の冬はとても暖かく過ごしやすい。大雪が降っている東海岸に出張に行った人などは、帰ってくるとたいてい風邪を引いて、「西海岸は天国」と笑顔を見せる。ところがいいことばかりではない。例年冬に雨が降るというのに、今年は全くその兆しがない。例年冬は、わが家の芝生の水

磁針
0

   日本で社会問題化している食品の偽装表示。次から次へと出てきて、終わりを知らない。信頼していた老舗の百貨店や一流ホテル、レストランの名が挙がり、さらには、サミットが開催されたり、皇族御用達のホテルでも発覚しショックだ。  品目を調べてみると、コメ、エビ、サーモン、

磁針
0

   大阪で毎年開かれている「関西加州会」は、カリフォルニアにゆかりのある人たちが集まる年中行事、今年は45人の盛会となった。幹事は元某商事会社のロサンゼルス支店長を務めたT氏ご夫妻。行き届いた配慮と分け隔てない明るい幹事ご夫妻の人柄がこの会が15回も続いている原動力で

1 2