Browsing: マキシン・ウォータース

Featured
0

 ロサンゼルス郡の立法・行政で最高権力を持つ5人のスーパーバイザー(参事官)が、敬老4施設の売却プロセス、公共の福祉、居住者たちの安全に関して懸念があると判断し、郡の各当局に調査を命令することが決まった。すでにカリフォルニア州司法当局の承認を得て今年で2月4日に売却が完了したいま、行政管轄レベルが違う郡のスーパーバイザーたちが敬老売却事案に取り組もうとしている意図はどこにあるのか、当局者たちに取材した。【中西奈緒】

 ニュース
0

 「敬老を守る会」は、マキシン・ウォータース連邦下議(民主)とジュディー・チュウ連邦下議(民主)とともに、14日(木)午前10時からガーデナ市のサウスベイ敬老看護ホームの向かいにあるFirst Southern Baptist Church(1025 Marine Ave, Gardena 90247)で特別記者会見を行う。

 ニュース
0

 ロサンゼルスを中心とする南加日系コミュニティーを揺るがしている「敬老4施設」の売却問題で、「敬老を守る会」のグループは売却阻止に向けて関係方面への働きかけを継続している。日系社会の有志らによって、高齢者たちが安心して老後を過ごせるようにとの考えのもとに必死になって築き上げ、非営利法人として運営してきた施設が営利企業の手に渡った場合のさまざまな影響については、先行き不透明な状況ともいえる。「敬老」の将来像を憂慮する「守る会」から、これまでの経緯と問題点について見解が寄せられた。その概略は次の通り。

 ニュース
0

 「あきらめるのはまだ早い。まだ終わってはいない」―希望ある雰囲気で締めくくられたアラタニ劇場での大集会。その余韻が冷める間もなく、マキシン・ウォータース連邦下議のサポートの下、州司法当局と「敬老を守る会」との2時間半におよぶ面会が24日、実現した。【中西奈緒、モニエ中地美亜】

 ニュース
0

 敬老売却の阻止を目的として、より多くの人に現状を知ってもらい関心を高めてもらうために、「敬老を守る会」は23日の午後7時から、タウンホール・ミーティングを開催した。500人を超える人々が集まり、州や連邦の政治家たちも応援に駆けつけた。また、新しい動きとして州司法当局から直々に面会の申し出があったことも公表された。【中西奈緒(写真も)、モニエ中地美亜】

 ニュース
0

 4日午後、民主党の連邦下院議員たち16人が、カマラ・ハリス・カリフォルニア州司法長官宛に敬老売却の延期と公聴会開催を依頼する2ページにわたる書状を連名で提出した (5日付け新聞参照)。今回の書状提出はアジア・パシフィック・コーカスのメンバーが中心となり、コーカス理事長のジュディ・チュウ下議、ボイルハイツを選挙区に持つハビエール・べセラ下議、ガーデナを選挙区にもつマキシン・ウォータース下議ら。書状の内容は下記の通り。【中西奈緒、モニエ中地美亜】

 ニュース
0

 アジアン・パシフィック・アメリカン・コーカス(Asian Pacific American Caucus)に所属する連邦議員たちが中心となり、敬老売却問題をめぐって動き出した。4日午後、コーカス理事長のジュディ・チュウ下院議員(民主)、小東京やボイル・ハイツを選挙区に持つハビエール・べセラ下院議員(民主)、ガーデナを選挙区にもつマキシン・ウォータース下院議員(民主)ら16人の連邦下院議員がカマラ・ハリス・カリフォルニア州司法長官宛に、「敬老」売却の延期と公聴会開催を依頼する2ページにわたる書状を連名で提出した。現在、カリフォルニア州選出の連邦上院議員に民主党から立候補を表明しているハリス司法長官だが、総選挙を来年に控える中、政治的なダイナミクスが今後どう売却問題に影響を与えるのか注目される。【中西奈緒、モニエ中地美亜】