Browsing: ヨーロッパ

磁針
0

 スマートフォンを使う世代には、新登場のアプリによるサービスが次々と登場しているらしい。旧態依然の携帯電話を使う私にも、ぽつりぽつりと情報が届く。  「ウーバーを使う」と語ったのは、30代の息子だ。

磁針
0

 先日、台湾出身の仲間と久しぶりに会うと、「アメリカの名前の由来は?」の話題になった。  ネイティブ・アメリカンが既に居住していたが、アメリカ発見!はクリストファー・コロンブス、が定説だ。その歴史から見れば、彼の名前を付けてもおかしくはな

磁針
0

 10月1日は「コーヒーの日」、トルココーヒーが世界無形文化遺産に制定された日で、この日が国際協定によってコーヒーの年度始めとなる。日本では1983年に全日本コーヒー協会によって10月1日が「コーヒーの日」に定められたとある。

磁針
0

   年をとるにつれ歴史に興味を持つようになった。  ネットでのリサーチ中、「15世紀のヨーロッパで最強国は?」という質問に出くわした。  正解はリトアニア大公国。ヨーロッパ北東部のバルト三国のひとつである。

磁針
0

   人は富を求めて動き回る習性をかかえている。15世紀から17世紀半ばにかけての大航海時代はもちろん、現在、世界の経済大国といわれるアメリカ、中国、日本やヨーロッパの経済強国といわれる国々の企業は、利益追求を第一の目的として東南アジア、中南米、アフリカ諸国にほぼ例外なく

磁針
0

   奇麗に整備された厩舎に並ぶ手入れの行き届いた美しい馬。長い首を伸ばして柵の外に顔を出し、レッスンにやってきた障害のある生徒たちを黒く大きな目で見つめている。  午年の新年号では、障害者乗馬療法(Therapeutic riding)を受けている11歳の少女を

磁針
0

   アルゼンチンで記者、俳優、アナウンサーをする高木一臣さんが渡亜したきっかけが、とても素敵な話でしたので紹介します。  戦後アメリカの占領下であった日本で、ある日、高木さんは横浜で外国船を見ていました。通常外国船が港に入ってくる時には敬意を表する

磁針
0

   17年ぶりに起こった一部米政府機関の閉鎖。この事態に米国各地にある国立公園は閉鎖を余儀なくされ、通常だと多くの人で賑わう観光名所は大打撃を受けた。  自由の女神像を見るためにニューヨークを訪れていたという日本人観光客は閉鎖当日、突然の

磁針
0

   学生時代に出会った留学生仲間と十数年ぶりの再会を果たすため、イギリス、フランス、オランダを訪れた。滞在中は旧友との再会だけでなく、各国の違いを学べる貴重な旅となった。  大学はニューイングランドの田舎にあり、ヨーロッパやアフリカからの留学生が多く、イギリス

磁針
0

   来年6月に開かれるサッカーワールドカップ(W杯)ブラジル大会のアジア最終予選を日本が通過した。本大会出場は初出場から5大会連続、しかも3大会連続で世界最速というからアジア最強の名をほしいままにしている。だが、当の選手にとっては、予選は正に「通過」点に過ぎないよう

磁針
0

   東京が立候補する2020年の夏季五輪競技からレスリングが姿を消すかもしれず、窮地に陥っている。関係者のショックは隠せず、日本にも衝撃が走った。1896年の第1回大会から続く競技だけに競技人口の少なさや人気の低さなど改善策を講じてこなかった。伝統の上にあぐらをかき、

磁針
0

   今月初め、かつてデンバーで「ロッキー時報」を発行し今は日本在住の今田英一・順子夫妻から連絡を受け、第39回海外日系新聞放送大会にオブザーバーとして出席する機会を得た。  会場は、大型客船を眼前に望むJICA(国際協力機構)横浜国際センター。