Browsing: リトル東京

磁針
0

 南加日系婦人会の110周年記念祝賀会が催された。1904年の発足。日本は明治時代、日露戦争が起こった年に「羅府婦人会」として始まった。「南加婦人会同盟」「南加婦人会連盟」と改称しながら活動を続けるも、戦争で中断。49年に再発足からも65年。

磁針
0

 ここのところ、立て続けに認知症にかかわる取材を3件担当した。6年前には、「消えゆく記憶の中で」と題し、認知症と診断された夫や妻、母を介護する家族の体験を取材し、3回にわたるシリーズで紹介した。

特集記事
0

小東京BIDと小東京公安協会、南加日系商工会議所、羅府新報は29日、ジェイウォーキングや歩行者違反などを含む道路交通法について、ロサンゼルス市警察(LAPD)の警官ら関係者を招いたタウンホールミーティングを小東京で催した。会場に集まった住民やビジネスオーナーら約40人は活発に質問するなどし、一般にあまり知られていない道路横断歩行規制について学んだ。【中村良子、写真も】

 ニュース
0

 ロサンゼルス郡のメトロが現在計画を進めている「パープルライン地下鉄延長事業」の第1期工事に対し、このほど連邦政府から総額12億5千万ドルの補助金と8億5600万ドルの低利ローンが交付されることが分かった。メトロ関係者が発表した。これにより、年内の着工が確実となった。

磁針
0

   葬儀に出かけた西本願寺で、知人が「あの銅像は空海さんよね」と。「親鸞さんに似ているように思うけど、しんらんさんはしんごんしゅうでしょう? しんらんさんのしんとしんごんしゅうのしんは同じだから」と疑いのない言い方。「親鸞の親と真言宗の真は違う。銅像は親鸞上人で

 ニュース
0

 メトロが現在計画を進めている「リージョナルコネクター事業」(メトロレール接続)にこのほど、連邦政府から6億7000万ドルの補助金が交付されることが分かった。メトロら関係者が20日、発表した。

磁針
1

   リトル東京を訪ねて来る人の中に、かつての「リトル東京」を求めている人がいる。以前、来たことがある日本人や日本人以外の興味を持っている人など。もっと日本語が飛び交っていて、日本文化を学ぶ機会があちこちにあって、日本から直送されたものが買えて、

特集記事
0

 ロサンゼルス地区の各所に植樹されている桜の木の一部が、先週から続いた温暖な天候により一気に開花し、一部で見ごろを迎えている。青空の下、淡いピンク色の花びらをいっぱいに広げ、春の訪れを告げている。

特集記事
0

 10年ごとに再編成される市議会区境界線で昨年、ボイルハイツやアートディストリクトをはじめとするダウンタウン地区とともに第14区に含まれた小東京。同区を代表するのは、メキシコで生まれ、3歳で米国に移住、家族を支えるため10代で始めた小東京でのアルバイトを通じ出会った日本人らに支えられ、無限の可能性を見いだしたホゼ・ウイザー市議。その生い立ち、日系社会とのかかわり、市議としての抱負を聞いた。【取材=中村良子、写真=マリオ・G・レエス】

特集記事
0

 ロサンゼルス・ダウンタウンにある小東京の中心部、2街とアズサ通りの広場に15日、「フランシス・橋本プラザ」が誕生した。今月4日に享年69で死去した老舗和洋菓子店「三河屋」社長で、日系社会活動家橋本さんの名前とともに、同氏のコミュニティーを思う「心」が、小東京に永遠に刻まれた。

特集記事
0

 ロサンゼルス市議会はこのほど、三河屋のCEOで、コミュニティーリーダーのフランシス・橋本さんの長年にわたるコミュニティーへの貢献をたたえ、小東京の2街とアズサ通りにあるプラザに同氏の名前を命名する条例案を全会一致で承認した。

磁針
0

   リトル東京をはじめ、ロサンゼルス・ダウンタウンにロフトやアパートが建設され、さまざまな人種が住み始めて10年以上が経った。夜8時には閑古鳥が鳴いていたこの一帯も、今では多くのレストランやカフェ、バーが夜遅くまでオープンし、ストリートはたくさんの人で