Browsing: レスリー・イトウ

コミュニティー
0

 日米文化会館(レスリー・イトウ館長)と宮崎県(河野俊嗣知事)は、宮崎の農水産物や加工品などの県産品の米市場での販売促進と、県と米国との観光・文化など多様な交流を図る連携協定が合意に達し4日、日米文化会館で調印式を催した。イトウ館長と河野知事が協定書に同時に署名し、正式に締結した。

コミュニティー
0

 「日系人リーダー招へいプログラム」に参加し、3月に訪日する代表団のメンバー11人が、全米からロサンゼルスに集結し、2日から2日間のオリエンテーションで日本に対する知識を深めた。メンバーは4日、日米文化会館で開かれた「JBA(南カリフォルニア日系企業協会)」と「米日カウンシル」共催の歓送会に招かれ激励を受け、日米両国の相互理解と関係増進に意欲を示した。

コラム
0

英語部編集長:グエン・ムラナカ Click here to view English coverage  「ショーン・ミヤケ氏を見かけた?」 最近コミュニティーの会合やコーヒーの席でいろいろな人からよく聞かれる。  敬老の施設がパシフィカ社へ売却されてから数カ月経つが、この売却劇は未だに不可思議きわまりない。

コミュニティー
0

 日本政府が行う北米地域との青少年交流事業「KAKEHASHI Project- The Bridge for Tomorrow」に沖縄から参加した県立向陽高と県立八重山高の生徒計46人がこのほど、ロサンゼルスとシアトルに合わせて10日間滞在し、ホームステイしたり地元の学校を訪れるなど貴重な経験を積んだ。7月には南カリフォルニアから約50人の高校生が沖縄を訪れており、両国親善の「懸け橋」となる若者による日米交流は深まるばかりだ。

特集記事
0

 日米文化会館は5日、新年を祝う正月の恒例イベント「事始め」を日米劇場で盛大に催し、コミュニティーとともに新たな一年を祝福した。昨年3月にレスリー・イトウ新館長を迎え、新体制となった同会館は、コミュニティーに感謝の気持ちを述べるとともに、団結と支援をあらためて訴えた。

特集記事
0

 創立33周年を迎えた日米文化会館(レスリー・イトウ館長)は日本文化の功労者と、日系の地域社会の発展に貢献した人物に対する表彰晩餐会を6月30日、ビバリーヒルズのビバリーヒルトンホテルで催し、参加者約550人が7人の受賞者を祝福した。席上、この1年で他界したジョージ・アラタニさんやフランシス橋本さんら偉大な日系人を追悼し、その功績を振り返った。

特集記事
0

 中南米3カ国歴訪を終えた岸田文雄外相が帰途でロサンゼルスに立ち寄り3日、小東京を訪れ日系5団体を視察した。新美潤総領事の案内で全米日系人博物館、ゴーフォーブローク日系兵記念碑、日米文化会館、交番、敬老引退者ホームを訪れ激励した。また日米関係に寄与する諸団体の代表24人と懇談し、長年の活動に謝意を示した。【永田潤、写真も】

特集記事
0

 前館長の突然の辞任を受け、昨年8月から空席となっていた小東京にある日米文化会館(JACCC)の新館長に4日、日系4世のレスリー・イトウ氏が就任した同氏はこのほど羅府新報の取材に応じ、JACCCの今後の展望、方向性、そして山積したさまざまな問題に対する打開策などを語った。 【取材=中村良子】

特集記事
0

 小東京にある日米文化会館(JACCC)理事会(サンディー・サカモト議長)はこのほど、グレゴリー・ウィリス氏の辞任を受け空席となっていた館長の職に、日系社会とアート、非営利団体の運営に精通したレスリー・イトウ氏を任命したと発表した。同氏の正式就任は3月4日を予定している。