Browsing: レッドカーペット

コミュニティー
0

 2007年夏、日本から海を渡り、大トリを務めた二世週祭のグランドパレードで小東京の夜を彩った青森ねぶた。その威風堂々とした勇姿に魅せられて結成し、翌年のパレードに参加した「南加ねぶた囃子保存会」が、デビュー10年目の新年を迎えた。めでたさの中でも、メンバーは浮かれず「気を引き締めて、稽古により励む」などと、決意を新たにする。三位一体となる活動母体の「南加青森県人会」、そして本家青森ねぶた祭の「菱友会」との固い絆をいっそう強め、「ラッセラー」の掛け声とともに培った「ロサンゼルスねぶた」を発展させる。【永田 潤】

コミュニティー
0

 モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で最優秀芸術賞を受賞した注目の時代劇映画「たたら侍」(錦織良成監督)のプレミア上映が、6月2日からの米国公開に先立ち8日夜、ハリウッドのエジプシャンシアターで催された。映画初プロディースの「EXILE」のHIROと、主人公役の劇団EXILEの青柳翔、EXILEの小林直己、AKIRAら出演者11人がレッドカーペットに登場。上映後の舞台あいさつでは、参加者約600人からスタンディングオベーションを贈られた。

特集記事
0

 2005年からロサンゼルスに拠点を移し、女優、そして監督としても活動する桃井かおり。2月に行われたベルリン国際映画祭では自身が監督、主演、脚本も手掛けた「火 Hee」がフォーラム部門の上映作に選ばれ、出演したドイツ映画「フクシマ、モナムール」は同祭国際アートシアター連盟賞を受賞。世界各国の映画人からオファーを受け、過去10年間で11本の映画に出演。今まさに世界を舞台に活躍する桃井に、監督作「火 Hee」への思いや制作中の裏話、LAでの暮らしについて話を聞いた。【取材=吉田純子】

特集記事
0

        今年で3回目となる日本映画の祭典「LA EigaFest 2013」が6日から8日まで、映画の都ハリウッドで開催された。初日にはエジプシャンシアターでオープニングセレモニーが行われ、USプレミアとなる「許されざる者」がオープニング作品として上映された。レッドカーペットには同作主演の渡辺謙、李相日監督をはじめ、オリバー・ストーン監督などハリウッドの映画関係者らが登場し、映画祭の幕開けに花を添えた。

磁針
0

   渡辺謙はいつから「ケン・ワタナベ」になったのだろう。  世界で活躍する日本人はオノ・ヨーコのようにカタカナ表記だったり、欧米風に名字と名前を逆にして呼ばれるようになることがある。  渡辺はおそらく2003年にハリウッド映画