Browsing: ロサンゼルスマラソン

スポーツ
0

 31回目を迎えたロサンゼルスマラソンが14日開催され、約2万6千人のランナーが健脚を競った。26・2マイルの行程は、ドジャー球場をスタートし、中華街、小東京、ダウンタウン、ハリウッド、ビバリーヒルズなど名所を通ることで知られ、サンタモニカでゴールした参加者は、メダルを胸に完走を誇った。

スポーツ
0

 ロサンゼルス在住のトム鈴木さん(42)は、トライアスロンを軸に活動する。フルトライアスロンやウルトラマラソンなど過酷なレースにチャレンジするために、厳しいトレーニングをこなしている。鍛え上げた体は引き締まり、100マイルのレースを29時間で走破する強靭な体力を持つ「アイアンマン」だ。自身7度目の参加のロサンゼルスマラソンにも臨み、スタートを待ちわびている。【永田 潤】

スポーツ
0

 4度目のロサンゼルスマラソンに臨むトーレンス在住の由美・六川・イェガーさんは昨年、トレーニング中の事故で負ったけがからの復活を期し、レースでは完走を目標とする。長距離ランと水泳、自転車を組み合わせたトライアスロンにも熱を入れており、10月に挑むフルトライアスロンで「アイアンマン」を目指す。【永田 潤】

スポーツ
0

 マラソンに加え、登山、トレイルラン、自転車、トライアスロンという多種のアウトドアをこなす吉田太郎(45)さんは、3年前に初マラソンを走った思い出のロサンゼルスマラソンに臨む。昨年は3時間15分という好タイムを記録したことで、世界六大マラソンの1つでランナーにとって憧れのボストンマラソンの出場資格を晴れて得、4月に「メジャー」デビューを果たす。【永田 潤】

スポーツ
0

 15年間のマラソンキャリアを持つパコイマ在住のジョー小形さんは、出走した212回すべて完走という記録のみならず、67歳という年齢、さらには3時間30分を切る好タイムを出す、まさに鉄人ランナーだ。身長5フィート4インチ、体重120パウンドの体形からは想像もできない強靭な体力を備える「小さな巨人」は、14日のロサンゼルスマラソンに向け、練習に余念はない。【永田 潤】

特集記事
0

 9日に開催された第29回ロサンゼルスマラソンに、1986年の第1回大会から欠かさず出場している小東京在住の樋口正子さんが参加し、29回連続の完走を果たした。大会主催者は、樋口さんのように第1回から全大会に欠かさず出場する182人を「レガシーランナーズ」と呼び、たたえている。

特集記事
0

 死者、行方不明者1万9000人を出し、甚大な被害をもたらした東日本大震災発生から1年を迎え、ロサンゼルスのアントニオ・ビヤライゴーサ市長と米日カウンシル(アイリーン・ヒラノ・イノウエ代表)は13日、長期にわたる復興へ向けた次なる支援活動などについて協議するサミットを、全米日系人博物館で催した。同サミットは、震災発生直後の昨年3月29日に続き、今回で2回目となる。