Browsing: 七夕飾り

磁針
0

 1年を通してさまざまな行事が行われる小東京で、最も賑わいを見せる真夏の祭典が始まった。78回を数える伝統の二世ウィークは、今年も見どころが多い。  七夕まつりは、10回目の記念。おめでとう。七夕飾りの数がここ数年減っているようだが、気にする必要はない。

磁針
0

 「ロサンゼルスから発信された日本文化がアメリカ人の心に響き、日本に興味を持つきっかけになってくれたら嬉しい」。先日伺った南加宮城県人会のピクニックでメンバーのひとりがこう話した。  LAの日系コミュニティーの夏の祭典・二世週祭と同時に開催されるLA七夕祭りで飾られる七夕飾りの制作にメンバーたちは今年も余念がない。

コミュニティー
0

 「日系の文化と地域社会をたたえる」をテーマに開催されている今年の二世週祭。13日にはコロネーションボウルが、14日にはグランドパレードが行われ、祭りは佳境に入った。  13日夜に小東京のアラタニ劇場で行われたコロネーションボウルではサンファナンドバレー日系コミュニティーセンター推薦のジャクリン・ヒデミ・トミタさん(24)が新女王に輝き、パレードでコートとともに登場した。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 記念すべき75回目を迎えた二世週祭。今年のクイーンを選ぶコロネーションボウルが15日に、グランドパレードが16日にそれぞれ行われた。両日、JANM前の広場にはたくさんの七夕飾りが飾られ、小東京一帯では日本文化を紹介する各種展示が催され、多くの人で賑った。今年はパレードに青森のねぶたが登場。祭りは最高潮に盛り上がった。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 75回目の記念すべき年を迎えた二世週祭。今年、実行委員長を務めるのは、ロサンゼルス市警察(LAPD)でアジア系として初めて副本部長にまで昇格し、今年3月に退職した日系3世のテリー・ハラ氏だ。2009年にも実行委員長を務め、今回が2度目。今年のテーマ「Let the Good Time Roll(ずっと楽しく)」にふさわしく、世代、人種を超えて楽しめる特別な祭りにしたいと意気込む。同氏に今年の見どころや、二世週祭にかける思いなど話を聞いた。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

 南加宮城県人会(米澤義人会長)は11日、モンテベロ市のクワイエットキャノンで新年総会と親睦会を開催した。会員をはじめ、日系コミュニティーの代表者などおよそ70人が集まる中、東日本大震災の被災地である同県の復興状況が報告され、今後もロサンゼルスから故郷を応援し、宮城の伝統文化を広めていくことを誓い合った。

特集記事
0

     南加宮城県人会(米澤義人会長)は22日、モントレーパーク市のジョージ・エルダー公園で毎年恒例のピクニックを開催した。来賓をはじめ、会員家族およそ70人が集まり、バーベキューや各自持ち寄った料理に舌鼓をうち、各種ゲームを楽しむとともに、今年4回目を迎えるロサンゼルス七夕祭りに向け、会員同士、気持ちを新たにした。