Browsing: 乗馬療法

特集記事
0

 犬や猫、イルカといった情緒水準の高い動物と触れ合うことにより、血圧やストレスレベルが下がり不安や警戒心が軽減、自信が持て人との交流を図れるようになるとして、医療や教育、福祉などの現場で積極的に活用されている動物介在療法(Animal Assisted Therapy)。午年の今年は、その大きな体、優しい目、温かい体から伝わる馬の癒し「乗馬療法」について紹介します。 【取材・写真=中村良子】

磁針
0

   子供のころ、親に怒られ1人泣いているといつも愛犬が隣に来て、まるで「大丈夫?」と心配してくれているかのように真ん丸の目で下から私の顔を見上げてきた。その純粋で愛らしい表情を見ながらふわふわの暖かい毛に触れると、不思議と不安が和らいでいったのを覚えている。