Browsing: 五輪

磁針
0

 2020東京オリンピックのエンブレム騒ぎは作り直しとなったが、今回一連の報道を見ていて別の角度から馬鹿馬鹿しく腹が立ったのは、日本語を持つ日本国でなぜエンブレムという英語を使わなければならないのかということ。

磁針
0

 「馬術のバロン・ニシ、出てきなさい。世界は君を失うにはあまりにも惜しい」。フェンス越しにコロシアムを眺めていると、83年前の夏、ちょうどこの場所で喝采を浴びた男への歓喜の声が耳の奥に鳴り響いてくるようだった。

磁針
0

   ロシアのソチで、各ウインタースポーツの最高峰を決める熱い戦いが繰り広げられている。華やかな開会式は、テレビで世界の数十億人が見て堪能した。  われらの母国の入場は、まだか、まだかとやきもきさせながら、ついに最終の開催国ロシアの

磁針
0

   手元に「展望デッキ」と「展望回廊」と印刷された2枚のチケットがある。数週間前、母と姉の3人で、東京スカイツリーに初めて上った時のだ。LAに戻ってからは、連日夏のような暑さが続き、寒かった東京が既に遠い昔に感じる。  2012年5月に開業してから、日本に帰国の際に

磁針
0

   1964年のオリンピックの立候補地は、米国のデトロイト、オーストリアのウイーン、ベルギーのブリュッセル、そして東京の4カ所でした。それまでの五輪は欧米でのみ行なわれており、1948年のロンドン五輪には日本人選手の出場さえ許されませんでした。それだけに、東京五輪開催は多く

磁針
0

   2020年オリンピックとパラリンピックの東京開催が決まった。  4年前の招致活動は石原都知事のひとり相撲の趣があったが、今回は違った。  この夏、NHKは東京オリンピック回顧番組を何度も放映して五輪気運を盛り上げ、新聞・雑誌も

磁針
0

   東京が立候補する2020年の夏季五輪競技からレスリングが姿を消すかもしれず、窮地に陥っている。関係者のショックは隠せず、日本にも衝撃が走った。1896年の第1回大会から続く競技だけに競技人口の少なさや人気の低さなど改善策を講じてこなかった。伝統の上にあぐらをかき、

磁針
0

   小中学生が野球教室でプロ野球選手から指導を受けているのをテレビで見たことがあるだろう。ほほえましい光景だ。  憧れの選手と接することで「プロ野球選手になりたい」という大きな夢はいっそう膨らむ。

磁針
0

   出るの、出ないので揉めた日本。不公平な分配金に不服を訴え、来年3月開催のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は、2連覇した王者不在の大会となり得る可能性があった。  紆余曲折を経てようやく出場まで漕ぎ着けたが、監督選びは当初、

磁針
0

   ロンドンオリンピックでの日本人女子選手の活躍が素晴らしい。10日現在、日本がこれまでに獲得した金メダル5つのうち4つは女子選手によるもの。また、色は違えどそれぞれメダルを手にし、しかもバレーボール、卓球などはこれまで中国のような強豪国の壁に阻まれ、

磁針
0

   白熱するロンドン・オリンピック。日本選手団はこれまで、金メダル2個、銀12個、銅14個と健闘を続けている。  開幕前から注目を集めていたのは、昨年の女子ワールドカップ・ドイツ大会で強豪アメリカを制し見事世界一に輝いた「なでしこジャパン」だ。

磁針
0

   野球ファンにとって待ちに待った大リーグが開幕して2週間。球場に足を運んで声を張り上げて応援したり、自宅で家族とゆっくりと、またはスポーツバーでビールを飲みながらワイワイ、ガヤガヤなどと、思い思いの観戦スタイルを楽しんでいる。