Browsing: 共同貿易

特集記事
0

     かごしま茶の流通の拡大と茶業振興を目的に活動する鹿児島県茶業会議所が11月27日から12月4日までの期間、鹿児島県茶商業協同組合、鹿児島県茶生産協会、特産品関係者ら23団体32人を率いてロサンゼルスを訪れ、かごしま茶のプロモーション活動を実施した。

特集記事
0

 業者を対象にした焼酎試飲会が15日、トーレンスのマリオットホテルで催され、蔵元17社、米国進出蔵元2社、輸入卸企業4社が約50銘柄を紹介した。試飲会は「LAで入手できるほとんどの焼酎が試飲・商談できる」をコンセプトにJETROと日本酒造組合中央会が共催した。

特集記事
0

 日本食卸売業の共同貿易(山本耕生社長)は、「ボーダレス日本食―さらなる大衆化」をテーマにした業界向けの食品見本市、第24回「日本食とレストランエキスポ」を13日、パサデナのコンベンションセンターで開催した。ラーメンやそば、漬け物など大衆食の紹介や各種セミナーに力を注ぎ、普及を担う業者が100ブースを出し、約2000人の来場者で賑わった。【永田潤、写真も】

特集記事
0

 低所得者への住宅提供など、さまざまな社会福祉事業を展開するリトル東京サービスセンター(LTSC、ディーン・マツバヤシ所長)は19日夜、小東京のビビアナLA(旧ビビアナ聖堂)で地酒試飲会と豆腐をメインにした数種の一品料理の試食会を開いた。イベントはLTSCの活動資金集めを目的に毎夏開かれ、今年で6回目。

特集記事
0

 男性会員が主導する茶道同好会「裏千家カリフォルニア今日会」(金井紀年会長)は6月23日、パロスバーデスの小川勝義副会長の邸宅で体験茶会を催した。茶室と庭でそれぞれ4席設け、男性が点前を行い各席20人ほど、合わせて約80人の招待客をもてなした。

特集記事
0

 日本の食材を洋食など他の料理への活用法を紹介する講習会がこのほど、サンタモニカの料理専門学校「インスティチュート・オブ・カリフォルニア」で開かれた。未来のシェフらを相手にビバリー・ヒルトンホテルの総料理長、杉浦勝男さんら有名シェフ2人が講師を務め、だしの取り方や、味噌、そば粉などを用いた料理を提案した。講習会は、和食材の輸出促進を図る目的で、在ロサンゼルス日本総領事館とJETROロサンゼルス事務所の共催。