Browsing: 募金

磁針
0

 大地震の発生から来週で1カ月がたとうとする熊本。1月は阪神大震災が発生から21年、3月は東日本大震災が発生から5年がたち、各所で追悼行事を行うとともに、復興の道のりを振り返ったばかりなのに「またか? 何で日本ばかり?」と、嘆きたくなった。

磁針
0

 明日で、いや正式には今日で、あの日から21年がたつ。  渡米したての私は英語学校の授業を終え、午後3時半頃、ホームステイ先に帰宅するや否やホストマザーから「日本で大きな地震があった。あなたの町の地域だ。すぐに電話しなさい」

磁針
0

 募金箱に入っていた小切手の金額を見て、その場にいた人々は目を疑った。書かれていた金額はなんと50万ドル。送り主はかつて食料品店で廃棄された食料を食べ、その日の生活をしのいでいた夫婦だった。今では人を助けられるようになり、彼らなりの社会への恩返しだった。

コミュニティー
0

 困難な状態に直面している人に財政支援を行う非営利団体「Get Up 8」は5月2日(土)午前10時から、チャリティーイベント「アウトリガーレース」をロングビーチ・マリーンスタジアムで(5255 Paoli Way)で催す。同イベントの収益は、自動車事故で脊髄を損傷し、下半身不随になった14歳のケリー・サカグチさんに贈られ、リハビリなどの医療費に充てられる。 【中村良子、写真も】

磁針
0

   恒例の歳末助け合い募金活動に参加した。10年になる。日系スーパーの前で声を張り上げ募金をつのる。初めは恥ずかしいが、回数を積むと何事にも慣れるものだ。次第にどうしたら効果的に募金が集まるか、工夫するようになる。通り過ぎる人の目を一人ひとり捉え、一度に一人、誠心誠意

磁針
0

 先月、ちょんまげ頭のカツラをかぶり、青いよろいを身にまとった一人の「サムライ」がロサンゼルスにやってきた。その名も「ちょんまげ隊」の通称ツンさん。本職は、千葉県で靴屋を営んでいる。  彼は、震災以来避難所へ何度も足を運び、直接被災者から必要なものを聞いて回り、物資の調達、配達をしてきた。

特集記事
0

 昭和生まれが中心となり、日系社会でさまざまな奉仕活動を続ける非営利団体「南カリフォルニア昭和会」は29日、2012年度総会と新年親睦会をモンテベロのクワイエットキャノンで催し、沢岻安和会長および役員全員の留任が決定、2期目が始動した。

磁針
0

 民主党系のシンクタンク発表によると、1979年から30年間で、富裕層上位1%の所得は224倍、上位0.1%に限れば390倍に増加した。下位90%の所得増加はわずか5%だ。「富める1%」に対し、「われわれは99%」という合言葉が広がり、経済格差に不満を持つ人々がニューヨーク・ウォール街、ロサンゼルス・ダウンタウン、

磁針
0

 日本時間3月11日に発生した東日本大震災から2週間が過ぎた。地震発生以来、「Save Japan」をスローガンに、全米のみならず、世界各地から日本の被災者へ向けた支援の声が上がっている。ロサンゼルスの日系コミュニティーでも、早くから募金運動や支援活動が始まり、人種や年齢を問わず多くの支援が集まっている。