Browsing: 南カリフォルニア大学

Featured
0

 国際教育の発展と促進を目的に活動するNPO「Institute of International Education(IIE・米国国際教育研究所)」が発表した最新の調査結果によると、米国の高等教育機関で学ぶ昨年度の留学生数は、カリフォルニア州が全米でもっとも多いことが分かった。【吉田純子】

Featured
0

 ロサンゼルス郡とオレンジ郡のアパート賃貸料が上昇を続けている。南カリフォルニア大学(USC)の不動産を専門とした研究機関「The Lusk Center for Real Estate」は12日、今後2年間で両郡のアパートの平均家賃が今後さらに上昇するとの見通しを発表した。【吉田純子、写真も】

コミュニティー
0

「バックグラウンドを問わず、開かれた日系社会を目指したい」  第75回二世週祭のコロネーションボウルが15日夜、小東京のアラタニ劇場で盛大に開催され、オレンジ郡日系評議会推薦のサラ・クニコ・ハッターさん(22)が新女王に輝いた。75回という記念すべき節目のコロネーションボウルは日系人や二世週祭のこれまでの長い歴史を振り返り、広がりと連携を希求する次の世代へのメッセージにあふれるものとなった。【中西奈緒、写真も】

 ニュース
0

 2014年に上映されたハリウッド映画の出演者や制作スタッフの人種、性別を調査したところ、興行収入トップ100位にランクインする作品の出演者の73・1%が白人だったことが分かった。南カリフォルニア大学(USC)アネンバーグ・コミュニケーション・ジャーナリズム学部の研究者が発表した

 ニュース
0

 1965年に発生し、当時のロサンゼルスの人種間の溝がくっきりと浮き彫りになったワッツ暴動から半世紀が経過した。13日に発表された南カリフォルニア大学(USC)Dornsifeとロサンゼルスタイムズ紙が行った人種間関係の世論調査結果によると、カリフォルニア州の有権者の3分の2近くが、同州の人種間の関係は他州と比べ良好であると答えた。

 ニュース
0

 南カリフォルニア大学(USC)付近で28日午前10時半過ぎ、ロサンゼルス・ダウンタウンとカルバーシティーを結ぶ「メトロ・エクスポ・ライン」の列車と乗用車が衝突する事故が発生し、一部の車両が脱線。21人が負傷した。

磁針
0

   ロサンゼルスの南東に位置するパームスプリングスにサニーランズという庭園施設がある。もとはメディア王、ウォルター・アネンバーグ氏の別荘で、同氏の存命中は、エリザベス女王やレーガン大統領などの賓客が訪れた。西のキャンプ・デービッドとも言われ、西海岸での迎賓館の役割

特集記事
0

   日本政府は11月3日付で、平成24(2012)年秋の叙勲受章者を発表した。在ロサンゼルス日本総領事館管轄区域関係者では、アラン・ジェームズ・アコスタ、アケミ・キクムラ・ヤノ、据石和江の3氏に授与される。  アコスタ氏は、日本の液体ロケット技術の発展および流体工学の日米間研究交流に寄与し旭日中綬章、ヤノ氏は米国における日系人史研究の発展および日系人に対する理解の促進に寄与で旭日小綬章を、据石氏は米国における非核に関する理解の増進、在米被爆者の福祉向上に寄与し旭日双光章をそれぞれ授与される。受章者の対日功績を紹介する。  なお、3氏の叙勲伝達式は今月、総領事公邸で行われる。アコスタ氏が19日、ヤノ氏と据石氏は21日にそれぞれ行われる。

特集記事
0

     数々の名作を世に送り出してきた日活映画の100周年を記念し、国際交流基金ロサンゼルス日本文化センター(伊藤実佐子所長)と南カリフォルニア大学(USC)は10月26、27、28日の3日間、同大学のノリス・シネマシアターで日活映画記念上映会を催した。イベントに先駆け25日、日本から日活の佐藤直樹・代表取締役社長とホラー映画「リング」の中田秀夫監督を迎え、祝賀レセプションが同基金で行われ、須賀正広・在ロサンゼルス日本総領事館首席領事をはじめ、ハリウッドの映画関係者らが出席する中、日活の100年の歴史を祝福した。

 ニュース
0

   南カリフォルニア大学(USC)内にあるロナルド・チューター・キャンパスセンター近くで10月31日午後11時35分ごろ、発砲事件が発生した。4人が負傷し、うち1人が重症。事件後に現場から立ち去った容疑者2人は後に拘束された。

特集記事
0

   日本政府は4月29日付で、平成24(2012)年春の叙勲受章者を発表した。在ロサンゼルス日本総領事館管轄区域関係者では、日系人社会の発展と友好親善の増進に寄与したことが認められたフランセス・カズコ・ハシモト、ヨシユキ・ビル・ワタナベの両氏にそれぞれ旭日双光章が授与される。両受章者の対日功績を紹介する。

特集記事
0

 メトロは19日、開通を28日に控えた「エクスポジション・ライン」(ダウンタウン―カルバーシティー間、全長8・6マイル)を報道陣に公開した。長年待ち望まれたウエストサイドへの初の路線延長とあり、一日平均2万7000人の利用者数が見込まれ、渋滞緩和に期待の声が高まる。【中村良子、写真も】

1 2