Browsing: 南加県人会協議会

コミュニティー
0

 南加日系商工会議所(川田薫会頭)が主催する正月祝賀行事「お正月イン・リトル東京」が1日、オンラインで開催された。毎年、初詣客も加わり大勢の人出でにぎわう小東京の元日の恒例行事だが、23回目を迎えた今年は新型コロナウイルスの感染拡大の影響を受け、バーチャル開催となった。昨年末から開始されたワクチン接種の効果に期待を込め、未来の明るい時代に向けてスタートを切った。

コミュニティー
0

 日系パイオニアセンターで会長を務めるなど、日系社会の諸団体で要職を務めた山口弘さんが13日午後7時30分、動脈瘤疾患のためパノラマシティーのカイザーパーマネンテ病院で死去した。葬儀は家族で行い、お別れの会を新型コロウイルスが収束した後に予定する。

コミュニティー
0

 38県人会が加盟する「南加県人会協議会」は、2020年度役員就任式と親睦会を9日、モンテベロのクワイエットキャノンで開催し、2年目の留任が決まったハッピー水谷会長(岐阜県出身)以下、新役員18人が正式に就任した。水谷会長は「県人会ありきの南加県人会協議会」と強調し、各県人会の存在を周知して入会を促し会員増、活性化につなげ、日系社会の発展に寄与する考えを示した。

コミュニティー
0

 二世週祭で催される「ロサンゼルス七夕まつり」を軸に活動する南加宮城県人会は今年度総会と新年親睦会を5日、モンテベロのクワイエット・キャノンで催し、今年90歳になる米澤義人会長の28年目続投が決定した。参加者約60人が新年の門出を盛大に祝い親睦を深め、七夕まつりの成功へ一致団結することを誓った。

コミュニティー
0

 38の県人会が加盟する「南加県人会協議会」(水谷ハッピー会長)は、育英奨学金集めのためのチャリティーショー、第40回「親睦演芸会」を10月20日、アラタニ劇場で催し、さまざまな出し物で観衆約600人を魅了した。奨学金授与式では、日本文化継承者と日本語学習者の受賞者5人がさらなる精進を誓った。

コミュニティー
0

 エンゼルスの大谷翔平選手の打撃フォームをかたどったボブルヘッド人形が16日、本拠地エンゼル球場の来場者に3万個配布された。800席を押さえたオレンジ郡日系協会(OCJAA)をはじめ、日系社会からも大挙して押し寄せ、人形を手に大きな声援を送って、大谷選手の大活躍とエンゼルスの勝利を後押しした。

コミュニティー
0

 南カリフォルニアで活動する九つの県人会が集まった初夏恒例の合同ピクニックが2日、トーレンスのウィルソンパークで開かれた。参加者約170人が、バーベキューや各県の郷土料理に舌鼓を打ち、各種ゲームでは童心に帰って興じた。同郷人との親睦はもとより他県出身者と交流を図り盛り上がった。

コミュニティー
0

 南加県人会協議会(ハッピー水谷会長)は、運営資金捻出のための第17回「在ロサンゼルス日本国総領事杯ゴルフトーナメント」(西元美代子大会委員長)を24日、モンテベロ・ゴルフコースで開催した。114人が和気あいあいとプレーし親睦を深めた。キャロウエイ方式で優勝を争い、長野県出身の楫野良造さんが初優勝した。

コミュニティー
0

 日本政府により平成30(2018)年秋の叙勲受章者に選ばれた比嘉朝儀さんへの叙勲伝達式が1月24日、在ロサンゼルス総領事公邸で行われた。比嘉さんへの「旭日双光章」授与は、米国における「日本語を含む日本文化および沖縄方言を含む沖縄文化の普及と伝承」と「在留邦人への福祉」への貢献が認められたもの。日系諸団体からおよそ40人が訪れ、受章を共に祝った。

1 2 3 6