Browsing: 和食

磁針
0

 先日のネットニュースでの話。英国の男性が1週間ほど胃痛、吐き気、熱が続いたため病院で検査。原因がはっきりしないが、この男性が最近寿司を食べたと言ったため、胃カメラで調べると寄生虫(アニサキス)が見つかったという。除去したらとたんに症状が快方に向かったとか。

磁針
0

 今から25年以上も前のこと、日本からシカゴを訪れた和食レストラン関係のA氏が、 「まだまだ開発の余地はあるね。あと40店くらい寿司レストランができても大丈夫だ」 と話しているのを聞いたことがある。  その時は「まさか…あと10店くらいなら」と思った。

磁針
0

 人の世の縁とは不思議なものである。旅の途中で出会った人との短い会話が一生のつながりになることもあれば、幼いころからの長い付き合いが、ふとした行き違いから切れてしまうこともある。  茶事の心得に、「一期一会」という言葉がある。

コミュニティー
0

 ユネスコの無形文化遺産に登録され、さらなる普及に期待がかかる和食のおいしさを知ってもらおと、地元の食品業界関係者などを招待した試食会がこのほど、ビバリーヒルズの創作和食店「四季ビバリーヒルズ」で行われ、約130人が各種料理を賞味した。イベントは、日本の農産品の輸出拡大と、米国における和食の普及を目的に、日本の農林水産省が企画した。

ビジネス
0

「スパゴ」ビバリーヒルズ本店総料理長 矢作哲郎さん  「カリフォルニア料理の先駆者」と評されるウルフギャング・パック氏が経営するカリフォルニア料理レストラン「スパゴ」。そのビバリーヒルズにある本店で総料理長を務める日本人シェフ矢作哲郎さん。世界各国に展開する同店の本店で選りすぐりのシェフ50人を束ね、「和」と「洋」を融合させた料理で世界中の食通をうならせている矢作さんに、パック氏との出会いから憧れの米国行き、夢の実現について語ってもらう最終回。【取材=吉田純子】

磁針
0

   日本で社会問題化している食品の偽装表示。次から次へと出てきて、終わりを知らない。信頼していた老舗の百貨店や一流ホテル、レストランの名が挙がり、さらには、サミットが開催されたり、皇族御用達のホテルでも発覚しショックだ。  品目を調べてみると、コメ、エビ、サーモン、

磁針
0

   日本政府が進めていたユネスコの無形文化遺産に和食が、登録される見通しとなった。日本を離れたわれわれが、移り住むアメリカでも毎日食べられていて、うれしい。2020年の東京五輪開催決定に次ぎ日本にとって明るい話題で、12月の正式決定が待ち切れない。