Browsing: 国勢調査

コミュニティー
0

 いよいよラストスパートの様相の2020国勢調査。カリフォルニア州の自己応答率は全米平均を上回っているが、州の裕福層が住む地域の多くの住民がまだ回答していない。最新の動向をエスニックメディアサービスのスニータ・スフラージさんが解説する。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス郡は、またしても国勢調査で居住者を過小評価する悪い軌道に乗ってしまった。このままだと1000万人の居住者に不可欠なサービスを提供するのに役立つ連邦政府の資金を失ってしまう。タイミングは、これ以上は無いというほど最悪だ。エスニックメディアのジュリアン・ドゥさんが同郡のビデオ会議に出席した内容を案内する。

コミュニティー
0

 これは、2020年国勢調査に回答することによってコミュニティが受ける重要なメリットに関する不定期連載の記事です。  お住まいが大都市でも、小さな集落でも、郊外でも、港から港へと航行するボートでも、2020年国勢調査に回答することは、コミュニティにとって重要です。

コミュニティー
0

 新型コロナウイルス感染拡大でスポーツ競技大会はどこもかしこも予定変更が続いているが国勢調査のレースは予定通りに開催中。調査締め切りが8月14日に延長されさらに長期戦となったが、カリフォルニアの都市はどのように「参戦」しているか。開始後1カ月の状況をエスニックメディアのマーク・ヒーディンさんが伝える。

コミュニティー
0

 新型コロナウイルス大流行の脅威に誰もが必死になっている中、太平洋諸島コミュニティーの活動家とメディアの代表が外出禁止令が出る直前、サンフランシスコ郊外のサンマテオに集まり2020年国勢調査について意見を交換した。これをオンラインやラジオを通じて視聴していた人々約100人も自分たちの視点で街の声を述べた。エスニック・メディアサービスのマーク・ヘディンさんが伝える。

コミュニティー
0

 国勢調査の基準日の4月1日、回答を集めるのが難しいとされるマイノリティーのコミュニティーでソーシャルサービスを提供するNPOらによるオンライン会議が開催された。アジアと太平洋諸島諸国系の人々の問題に取り組む「A3PCON(Asian Pacific Planning and Policy Council)」が主催した。

コミュニティー
0

 2020年の国勢調査の不明点や懸念事項について答える無料の多言語ホットラインサービスを公民権団体が提供している。質問への回答に加えて法律サービスの紹介も提供している。一方、国勢調査局は27の言語で教育ビデオを公開している。日本語ビデオもあるのでぜひ、利用したい。案内者はエスニックメディアサービスのマーク・ヘディンさんが務める。

コミュニティー
0

 米国に住んでいるといろいろな場面で自由なライフスタイルが認められていると感心することがある。近年、同性カップルや同性婚も珍しくない世の中だが、これら一般にLGBTQと呼ばれる人は、2020年の国勢調査ではどのように答えたら良いか。用意された選択肢の中にLGBTQの自分を表す回答は見つかるだろうか。全米LGBTQタスクフォースでポリシーディレクターを務めるメーガン・モーリーさんがアドバイスする。

1 2