Browsing: 国勢調査

コミュニティー
0

 今年は10年に一度の国勢調査の年。調査開始の12日、LA郡での国勢調査の成功を願うキックオフイベントがケネス・ハーン庁舎(LA郡庁舎)で催された。当初予定されたエリック・ガーセッティー市長をはじめ郡参事や自治体議員らの出席は新型コロナウイルスに関する急務で取り止めとなりイベントは縮小されたが、自治体やコミュニティー団体の代表が一致団結しての成功を誓い、メディアを通じて国勢調査への協力を住民に呼び掛けた。国勢調査を案内する手紙は12日から順次に各家庭に郵送されている。

磁針
0

 今年初め頃に流れたニュースらしいが、カリフォルニア州の人口が減っているらしい。  加州に限らず全住民の増減を見てみると、死亡・誕生以外に全ての都市は外から移住してくる人たちと外に出ていく人たちがいる。  前回の国勢調査から比べ加州人口の移住による差は4万人ほど減との予測が出ているそうな。

コミュニティー
0

 米国の国勢調査は230年前に始まった。初めて国勢調査が行われたのは1790年。では、初めて国勢調査でオンライン回答と電話回答ができるようになったのは? …それは今年、2020年である。今と昔はどんなに違うのか? 国勢調査のあれこれを知って、国勢調査を少し身近に感じてみよう。

磁針
0

 アメリカ合衆国国勢調査局から一通の手紙が届いた。国勢調査の一環である「アメリカン・コミュニティ・サーベイ(ACS)」対象に選ばれたので、回答するようにというもの。それもオンラインでという。続いて、回答のためのパスワードが届き、その後には念押しの手紙も。

特集記事
0

     ニューヨークに拠点があるシンクタンク「Fiscal Policy Institute」が2010年度の国勢調査をもとに行った最新の調査によると、カリフォルニア州でレストランや食料品店、クリーニング店などを営むスモールビジネス・オーナーのおよそ3人に1人が移民であることが明らかになった。

 ニュース
0

     米国に住むアジア系移民の数が初めてヒスパニック(中南米系)を上回ったことが19日、ピュー・リサーチ・センターの最新の調査結果で明らかになった。雇用主が高度なスキルをもつ従業員を求める一方で、不法移民の流入が減少傾向になったことが影響しているという。

 ニュース
0

   国勢調査局は17日、昨年7月1までの1年間に全米で誕生した新生児のうち、半数以上が少数民族(マイノリティー)の両親から生まれたと発表した。全米規模で少数民族の新生児数が白人を上回ったのは初めて。カリフォルニア州では、1999年に初めてマイノリティーの新生児数が半数を占めた。

 ニュース
0

      国勢調査の統計とインタビューをもとにAP通信が行った調査によると、カリフォルニア州のアジア系とヒスパニック(中南米)系の55歳以上の人口が、白人の同世代の増加率に比べ、3倍以上の早さで増えていることが明らかになった。