Browsing: 土俵

磁針
0

 「日本の伝統芸能の歌舞伎は女性が役者になれないって聞いたけどそれホント? 今でもそうなの?」  アメリカに来て間もないころ、アメリカ人からこんな質問を受けた。「そうか、そういう捉え方もあったのか―」。日本にいた頃はそんなことを聞かれたこともなかったから、外から見ると別の見方があるということにあらためて気づかされた。

磁針
0

 異郷で見る相撲のテレビ実況中継に一喜一憂する15日間だった。  日馬富士の暴行事件があったり、白鵬の抗議ジェスチャーがあったり、一年を締めくくる大相撲九州場所は大揺れだった。  その中で、一服の清涼剤は、一年ぶりに十両から幕内に返り咲き、勝ち越して敢闘賞に輝いた安美錦(39歳、伊勢ケ濱部屋)だ。

磁針
0

 大相撲秋場所が始まりました。出だしからいきなり横綱3人が休場となってしまいました。そして、期待の大関高安が三日目から、大関照ノ富士も六日目から、若手人気力士宇良も四日目からと人気力士の休場が続きます。新聞には、「秋風場所」「故障予防待ったなし」の見出しが躍る現在の状況は異常です。

磁針
0

 一体に、日本からアメリカに来た人の中には、どういうわけか自分の過去を美化する人が多い。裕福な家庭に育ち、一流私大を出たなんてすぐにばれるようなウソを平気でつく。年齢を3~4歳ぐらいサバを読むなんてかわいいほうだ。

磁針
0

 豪快な投げ、速攻の寄りで完勝する。いつも、気持ちのいい勝ちっぷりを見せてくれる横綱白鵬が、不滅と思われていた大鵬が持つ通算最多優勝32回に並んだ。「ついに」というよりも、29歳での快挙は、前人未到の記録よりも、どこまで伸ばすのかという、

磁針
0

   画面に一人の東洋女性。一尺ほどの白い羽根を指に乗せバランスをとる。足元の白い土俵大のサークルには積み上げられた大小の木の枝。1本の枝を取り上げて羽根を移し、また1本の枝を取り上げてバランスを取りながら積み重ねてゆく。枝は次第に大きさを増し、全体は少しずつ重く

磁針
0

 八百長。スポーツの試合でのあるまじき行為で、その語源が相撲であることはあまり知られていない。日本中を騒がせているこの問題が起こり、日本相撲協会は存亡の危機に立たされている。  これまで、いかさま相撲を暴こうと、週刊誌が報道、元力士は証言するなどした。