Browsing: 地球

磁針
0

 天変地異というと時代劇などに出てくる異常気象による自然災害のように聞こえるが、この言葉どおりの様相がここ数年世界各地で起こっている。  天候がおかしくなり陸に異変が起き、過去の記録を大きく上回る災害が発生している。歴史を振り返ってみると、大きな災害の起こった地域には地震や大雨、日照りなどが続けておきる場合が多い。

磁針
0

 今年は初っぱなから空が賑わしい。特に今週は皆既月食と小惑星接近がニュースになっていた。  まずは1月31日の月蝕「スーパー・ブルー・ブラッド・ムーン」。  スーパームーンとは月が地球に普段より近づいた時(最接近時の90%以内)の満月か新月の呼び名で、それなりに大きく見える。

磁針
0

 先月日本滞在中に「チバニアン」が大きな話題になった。LAで報道を見た人も多いだろう。チバニアンとはラテン語でチバ時代を意味し、チバとは千葉県の千葉。興味が出て素人だが調べて見た。まず千葉の名は多くの葉が繁茂するに由来するらしく律令以前の古代からの古い地名らしい。確かに緑多く今ゴルフ場も多い。万葉集にも千葉に因む歌は50近くあり、ここに書き切れないが恋人や夫婦の切なく細やかな愛も歌われている。

磁針
0

 このタイトルから、眠り姫が目を覚ましたとか、白雪姫の話など、ちょっとロマンを想像するかもしれない。ちょうど、バレンタインデーの時期でもあるし。  事実は、全く夢を壊すような話なのだ。しかし、本当に魔法が解けたとしか言いようがない。突然、蕁麻疹(じんましん)が体中に出たのだ。

磁針
0

 夜空を彩る独立記念日の打ち上げ花火。240歳の誕生日を祝って華麗に咲く大輪を見上げて人びとは歓声を上げ、本格的な夏を迎えた。  昨今は、地球の温暖化が喧伝されているせいか、南カリフォルニアはすでに先月、今年最初のヒートウエーブ(熱波)に襲われ、カ氏100度(セ氏で約38度)を超える高温を記録。

磁針
0

 稲は偉い! とかねがね思っている。おいしいお米を産んでくれるだけでも偉い上に人間にたくさんの恩恵をもたらしてくれている。  稲は、お米をとった後、乾かして藁になる。長くなえば、縄になる。わらじにもなる。

磁針
0

 消費大国、米国で暮らす日系人の家庭では、親子間でも物に対する考え方の違いが顕著に現れているようだ。  日本で生まれ育ち、物心ついてから渡米した新1世は、物を大切に扱う習慣があるように思う。

磁針
0

   学校で取得する「単位」ではなく、長さを測る「単位」についてである。アメリカに長く住んでいるが、まだ「ヤード」に慣れない。メートル法で育った者として、どうもピンとこないのだ。頭の中で換算してしまう。  1820年代に長さはヤードで、重さはポンドと