Browsing: 大統領選

磁針
0

   「ただ今、テキサス州ダラスから至急報が入りました」  眼鏡を外したアンカーマンは、カメラをしっかりと見据え、一瞬沈黙、そして静かに続けた。  「私たちの大統領が今、絶命いたしました」

磁針
0

   大統領選挙投票日の夜、オバマ再選が確定した後、ロムニー候補は、Concession speech「敗北演説」を行った。負けを潔く認め、勝利者をたたえ、素晴らしい国づくりに協力する、と。キャンペーン中、あれだけ中傷合戦をしたので、本心は定かではないが、国民に対してケジメをつける意味でも、

磁針
0

   勤務先の日系コミュニティーセンターの日本の家庭料理教室の11月は恒例のお正月料理で、4人の担当者が3時間で12、13種類のお節料理を次々紹介する。  縁起担ぎの言葉遊びも含めて、歴史の端々を話しながらクラスを進めてゆくのだが、とにかく日本料理は下ごしらえに時間がかかる。

磁針
0

   4年ごとに11月の第一月曜日の次の火曜日、つまり今回は6日が大統領選の投開票日。予備選から始まって長丁場の大統領選まであと2週間。いよいよ最後の秒読み段階に入った。  正式には6人いる大統領候補の誰が第57代大統領に当選するか、世界中が注目している。

磁針
0

   立秋もとうに過ぎて迎えたインディアンサマー。南カリフォルニアは先週、各地で連日カ氏100度(セ氏37・8度)を超えたところが多い。海が近く比較的涼しいサウスベイ地区でも体感温度はインディアンもびっくりという100度超え。

磁針
0

 私たち仲間内で行っている月例勉強会では、毎年初恒例テーマとして「今年の大予測」を取り上げ、私が担当している。  これは年のはじめに日本と世界の経済、政治、社会、スポーツなどについて20数項目を選び、メンバー各自が予想表に記入、年末に何項目的中したかを競うゲームだ。  年初の予測時ではかなり自信をもって

磁針
0

 新しい年を迎えるにあたり、謹んで新春のごあいさつを申し上げます。  楽しいこと、悲しいこと、人それぞれにさまざまな体験をしてきた過ぎこし1年。年が改まったからといって、すべてが朝霞のごとく消えるはずもありませんが、この一年を回顧しようとすれば、どうしてもあの3月11日を忘れることはできません。

磁針
0

 10月に入り店頭はハロウィーングッズで溢れているが、1カ月ほど前は「Back to College」商戦が展開され、大学進学にあたり親元を離れ新生活を始める学生が生活用品を買い揃えていた。  先日ABCニュースの「Made in America」のコーナーで、ある大学の寮の生活用品のカタログに掲載されているのはすべて外国製品で「Made in America」が1つもないことが報じられた。  実際には、ジョージア州のタオル製造会社やオハイオ州の写真立て製造会社で生産された商品は、カタログに掲載の外国製品と同価格なのに加え3倍も長持ちし、同テレビ局のレポーターが外国製品と国内製品を比べてみたところアメリカ製品だけで買い揃えた方が92ドルも安く上がった。  入学準備の際、学生1人当たり平均約800ドル、全米で約460憶ドルを消費する。もし消費者が米国製の商品で買い揃えるようになると、国内に約50万人の新たな雇用が見込めるようになるという。  一方今盛んに繰り広げられている次期大統領選キャンペーン。各候補者が口を揃えるのは「雇用創出」と「Made in America」。国内産業を活性化し、いかに雇用を増やすかを重要視している。  しかし国内雇用が争点となっている選挙戦で、キャンペーンTシャツが「Made in…