Browsing: 小東京

コミュニティー
0

 小東京の3街に位置する高齢者集合住宅で、建築から45年が経ち老朽化が目立ち始めている小東京タワーズ(LTT)の理事会はこのほど、その修復計画についてコミュニティーに説明した。修復プロジェクトの進捗状況を報告、工事業者としてサンディエゴを拠点とする廉価住宅開発の「RAHD」グループを決定した。

コミュニティー
0

 小東京の「こう楽」店主、山内宏さんが22日未明に亡くなった。享年67。2街の和風中華料理店「こう楽」は1976年の開店。86年から山内さんが経営を引き継ぎ、創業当時と変わらぬ庶民の食堂の味を守っている。料理の品揃え、ショーウインドウに飾られたろう細工の料理のサンプル、内装、それに自分を「アナログおじさん」と称する山内さん。どこを取っても昭和の雰囲気がふんだんに漂う、小東京にこの人あり、と言われた店主の突然の訃報に動揺が走っている。

コミュニティー
0

 日本財団(東京、笹川陽平会長)は小東京の全米日系人博物館(JANM)と共同調査で世界各地に住む若い世代の「日系人」を対象とした初の世界調査をこのほど、実施した。8月31日に開いた記者会見で「74%の若手日系人は日系人としての強い意識を持っている」などの調査結果を報告した。

コミュニティー
0

 2028年ロサンゼルス五輪・パラリンピックの組織委員会は1日、大会のエンブレムを発表した。上下に組み合わせた「LA」と「28」の文字を黒の太字で統一する一方、ロサンゼルスの創造性や多様性を示すために「A」のデザインはデジタルのアニメーション化し次々と切り替わる「変化するエンブレム」が初めて採用された。大会まで8年あり、「新鮮さを失わないように」との思いも込めた。

コミュニティー
0

 ロサンゼルス市議会のホゼ・ウイザー議員が150万ドルの収賄容疑で23日朝、ボイルハイツの自宅で逮捕された。ロサンゼルス市庁をめぐる汚職事件の5年にわたる連邦捜査の中心人物であるウイザー容疑者(51)は、同日午後にダウンタウンの拘留所からテレビ会議システムを通じて連邦裁判所に初出廷した。ポール・L・アブラハム判事は100万ドルの保釈金を設定したとシティー・ニュース・サービスが伝えた。罪状認否を求められなかったが、7月20日の罪状認否手続きと、それに先立つ予備審問を14日に行うことが暫定的に決定された。

磁針
0

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う自宅待機令は、当初は3月末までと定められたが、次々に延長された。そして先日、LA郡で規制がなくなるのは、7月の見通しと聞いた時は、その長い期間にショックを受けた。感染者数はまだ増え続けていて、先行きが見えない中では致し方ないのか。

コミュニティー
0

 母の日のギフトが花開いた色とりどりのショーウインドーは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で打撃を受けた小東京の助け合い精神の一例だ。「1ドル、1ドルに店の将来がかかっているのはみんな同様だから…」。羅府新報の電話取材で、共存を願う2人の経営者が心意気と地元への愛について、語った。

コミュニティー
0

 自分の家の向かい側にある三軒の家と、左右二軒の隣家を指して、日頃親しく交際しているご近所さんのことを「向こう三軒両隣」と呼ぶ。こんな日本の昭和の言葉を2020年のロサンゼルスで聞くとは意外だが、小東京で飲食店「こう楽」を営む山内宏さんは、新型コロナウイルス感染拡大による営業規制で頭を抱えていた時に小東京の若者が力を貸したことを、「向こう三軒両隣、近所で助け合うという精神が小東京の若者に引き継がれていることに感激した」と話す。

コミュニティー
0

 新型コロナウイルスの感染拡大防止策としてカリフォルニア州が外出禁止令を出し市民は不要不急の外出を控え、にぎやかだった小東京は一転、昼夜閑散としている。日常生活や経済に多大な影響を及ぼし、営業を制限されたレストラン業界にとっては深刻な問題だ。店内飲食は禁じられているが、辛うじて持ち帰りと配達は可能なため「生き残り」をかけた戦いを続けている。「従業員を守る」「地域とひいき客、家族のため」「コロナに打ち勝つ」などと、約30人の日本人オーナーが団結し、情報を提供、意見を交わし模索して難局を乗り越えようとしている。

1 2 3 15