Browsing: 市民権

磁針
0

 アメリカ合衆国国勢調査局から一通の手紙が届いた。国勢調査の一環である「アメリカン・コミュニティ・サーベイ(ACS)」対象に選ばれたので、回答するようにというもの。それもオンラインでという。続いて、回答のためのパスワードが届き、その後には念押しの手紙も。

磁針
0

 近所の行きつけの珈琲店でモーニング。至福のひとときなのに、どうしてもツッコミを入れたくなるフレーズが耳に飛び込んでくる。——「お客さま、おタバコはお吸いになられますか?」  喫煙者に対するその異様なほどの丁寧さ。店員さんに言ってあげたくなってしまう。「そんなに親切に扱ってあげる必要なんてないですよ。

磁針
0

 女心と移民法(イミグレーション規則)は前触れなしに、よく変わる―女心と秋の空が変わりやすいと言われたのは、今は昔。気象衛星の発達で天気予報は数週間先までかなり正確に予測可能になったが、移民国家アメリカの移民法は猫の目のように変わり、明日のことさえ分からない。

磁針
0

 普段の生活では、支障を感じることがなくても、何かちょっとしたことから、自分が外国に暮らしていると意識させられることがある。永住権の更新手続きを怠って不法滞在になっていた、労働ビザの更新が認められなかったなど、いろいろなケースを耳にすると、他人事ではないと思う。

磁針
0

   私たちは、普通の人が共通して持っている、あるいは持っていなければならない知識、理解力、判断力を「常識」と称しているが、困ったことに常識は少しウヤムヤなところがあって、その価値や意義どおりに正しく評価されていない。  オバマ大統領が先週、「今こそ、

磁針
0

 子供が巣立ち、自分たちも退職すると急に、私たち夫婦は日本に足を運ぶことが多くなった。  同世代の者に比べると幸運なことに、日本には親が4人、それぞれの田舎にいる。とはいえ、アメリカに戻る前に別れを告げる時はいつも、今度帰って来るまで元気で居てくれるだろうか、ひょっとしたらこれが最後になってしまうのではと思わずにはいられない。

特集記事
0

 南加日系商工会議所は22日、2012年度新役員就任式をアルハンブラのゴルフ場「アルマンサー・コート」で催した。在ロサンゼルス日本国総領事館から新美潤総領事をはじめ、日系諸団体の代表者ら集まった約270人を前に、竹花晴夫新会頭および新役員16人の就任式が、ジョージ・ナカノ元加州下院議員の司式により盛大に行われた。