Browsing: 感謝祭

磁針
0

 感謝祭が過ぎて、ブラック・フライデー、サイバー・マンデーとギフト・買い物シーズンに入った。今年も、残りわずかを実感。  今年の感謝祭は、真夏を思わせる気温だった。ターキーランチ配達のボランティア終了後、思い立ってメトロリンクに飛び乗った。目的があったわけではない。

磁針
0

 もうすぐ感謝祭。感謝祭の日はターキーを食べ、家族水入らずの時間を過ごすのがアメリカの定番だ。しかし家族との団らんより、翌日のブラックフライデーのセールに関心がいってしまっている人も多いのではなかろうか。電化製品や洋服などすべてが大幅に安くなるのだから、年に1度のチャンスを逃すまいと必死になるのも当然だ。

磁針
0

 今から20年以上も前のこと、私がシカゴの日系紙で仕事をしていた頃、ある日本のジャーナリストと知り合った。  長年新聞畑で仕事をしてきた大先輩であり、いろいろ参考になることも教えていただいたが、そのひとつが、「コミュニティーが支えてくれない新聞は存続できないし、日系紙が育たない日系コミュニティーもまた大きくなれない」ということだった。

磁針
0

 募金箱に入っていた小切手の金額を見て、その場にいた人々は目を疑った。書かれていた金額はなんと50万ドル。送り主はかつて食料品店で廃棄された食料を食べ、その日の生活をしのいでいた夫婦だった。今では人を助けられるようになり、彼らなりの社会への恩返しだった。

コミュニティー
0

 約388万人の市民の安全を守る「LAPD(ロサンゼルス市警)」に35年間勤務し、アジア系として最高位に昇格した日系3世のテリー・ハラ副本部長(58)が3月31日をもって退職し、輝かしいキャリアに幕を下ろした。入署時に抱いた「公務員として、ロサンゼルス市民のために尽す」という初心を貫き、任務を遂行。「わが警察官人生に悔いはなし」という半生を振り返る。【永田 潤】

磁針
0

   昨日の感謝祭は友人宅に招かれた。部屋に入ると数々のご馳走が並んでいる。かぼちゃのスープから始まり、スシシェフのご主人がうに好きのわが家のために、うにの刺身を振舞ってくれる。「今日のターキーはしっとり仕上がったよ」と笑顔の友人。後は各自ご馳走をプレートにとりわけ

磁針
0

 感謝祭(サンクスギビングデー)翌日の金曜日は、いわゆる「ブラック・フライデー(黒字の金曜日)」。未明から各小売店はホリデーシーズンに向けた特別セールを開始。  家電、コンピューター、スマートフォン、デジタル機器など、値が張る商品が通常の半額以下になることも珍しくない。中には高額商品がわずか1セントという客寄せ目玉商品も。

磁針
0

 感謝祭が終わり、ブラックフライデーを皮切りにクリスマス商戦に突入した。景気は相変わらず低迷しているものの、街の飾りつけも華やかになり、年末に向けて気分が盛り上がる。ところが一気に青ざめる出来事が起こった。  これまで夫が利用していた某大手米銀が、一定額の残高がない場合は、