Browsing: 撫養真寿美

コミュニティー
0

 二世週祭で開催され、9回目の今年も盛況に終わった「ロサンゼルス七夕まつり」(撫養真寿美会長)に、シカゴ日本祭(吉池学、ジーン三島・共同実行委員長)で作られた七夕飾りが初出品され、会場を彩った。シカゴ市の旗のロゴが入った作品は、撫養会長らが現地に赴いて指導し作られたもので、米国での普及を目指すLA七夕まつりの熱意は、はるか2000マイル以上離れたシカゴの日系社会に伝わり、交流が芽生えた。

コミュニティー
0

 「ロサンゼルス七夕まつり」(撫養真寿美実行委員長)は7回目を迎え、今年も盛況を極めた。成功の背景には、第1回開催から支援を継続する仙台の和菓子製造販売会社「白松がモナカ本舗」社長の白松一郎さんの貢献が大きい。物心両面で支える白松さんが来米し、初参加した同祭から表彰を受け、LAは祭りの手本とした仙台との絆を再確認した。

コミュニティー
0

 38県人会が加盟する「南加県人会協議会」は、2015年度役員就任式と親睦会を8日、モンテベロのクワイエットキャノンで開催し、小林正三会長(山形県出身)以下、新役員20人が誕生した。小林新会長は「地方文化の継承に力を注ぎたい」と述べるとともに、協議会の発展のための組織改革に取り組む意志を示した。

特集記事
0

 南加山口県人会(リチャード・フクハラ会長)は23日、エリジアン・パーク内のレクリエーション施設、オールド・ロッジ(旧称)で夏恒例のピクニックを催した。英語を話す3世が中心となり企画・運営し、参加者約200人がBBQを味わい、郷里の岩国音頭やカラオケ、各種ゲームに興じ親睦を深めた。将来が嘱望される3子弟には、奨学金を授与し前途を祝した。