Browsing: 新型コロナウイルス

コミュニティー
0

 最近全米でアジア人ヘイトの事件や犯罪が多発し社会問題となっている。その対処としてロサンゼルス市警察(LAPD)がこのたび、日本語で動画メッセージを作成しYouTubeで公開した。日本人と日本語を話す日系人にぜひ見てほしいと呼び掛けている。3分ほどの動画の中で、アレクサンダー(アレックス)・チョウギョウジ巡査はヘイトに根差した事象や事件、犯罪を見掛けたら迷わずに市警に相談することを促している。

コミュニティー
0

 共同経営者である父、陽(あきら)さんと母ジョアンさんと共に、小東京でレストラン「Azay」を経営するフィリップ・ヒロセさん。オープンしたものの、わずか半年で新型コロナウイルスの影響を受け休業となってしまった。「レストランの周辺には役所で働く人が多く、ランチタイムは特に忙しかったが、コロナ禍で在宅ワークに切り替わり、大きな打撃を受けている」と話す。

コミュニティー
0

 新作劇場映画「ゴジラvsコング」(アダム・ウインガード監督)に俳優の小栗旬が出演している。小栗にとって初めてのハリウッド映画出演で、ゴジラの前作で渡辺謙が演じた芹沢博士の息子という役どころ。新型コロナウイルス感染拡大のために公開が延期されてきた本作だが、ロサンゼルスでの映画館再開に時を合わせるかのようにいよいよ31日に封切られる。

コミュニティー
0

 37県人会で構成する南加県人会協議会は、2021年度役員就任式と親睦会を14日、ズーム方式で開催した。福島県人会のリチャード・ワタナベさんが、協議会発足57年の歴史の中で、英語を第一言語とする初の日系米国人会長として就任した。ワタナベ新会長は新型コロナウイルス収束に希望を抱き、滞っている活動の再開をけん引する意欲を示した。

コミュニティー
0

 小東京で50年営業し、日本語によるきめ細かいサービスに定評があった化粧品店「リトルトウキョウ・コスメティックス」がこのほど、閉店した。新型コロナウイルスのパンデミックの影響で客足が遠のき、経営に大きな打撃を受け苦境に陥っていた。店主の塩野千鶴子さんは「皆さんに支えられ、大好きな日本人街でビジネスができて幸せだった」と述べ、惜しまれながら半世紀の歴史に幕を下ろした。

コミュニティー
0

 ボイルハイツの高齢者施設さくらガーデンズは、中間看護施(ICF)の入所者全員と従業員の80%以上が、新型コロナワクチン接種の2回目を済ませたことをこのほど、発表した。この成果は、ぜい弱な高齢者と熱心に働く職員の健康と福祉を保証し推進する施設の継続的な取り組みを強調している。

磁針
0

 新型コロナウイルスのワクチン接種が、身近なものとなってきた。最初は12月、メディカルセンターに勤務する息子だった。続いて1月には「自分も1回目を済ませた」と他州の娘から喜びの電話が入った。  ワシントン州では1月半ばから、高齢者枠の予約がオンラインで開始。

コミュニティー
0

   モデルナ社ワクチンの初回接種を受けたアラン・クマモトさん— くしくもこれが81歳の誕生祝いとなった。クマモトさんと妻のジョー・アンさんは、先週オンラインからエル・セレーノ・レクリエーション・センターでの新型コロナウイルスのワクチン接種に申し込むことができたという。当日は、ワクチン接種のために50人ほどが並んでいたが、手続きもスムーズで注射の痛みもなくあっという間に終了。その後、少し腕がひりひりしたが、それ以外はいたって元気だそうだ。「ワクチンを接種できたことは喜ばしいことだがこれで終わりじゃない。2月18日に2回目の接種を受けるまでは完了とは言えないね」とクマモトさんは話す。

コミュニティー
0

 ガーデナ平原日本文化会館(GVJCI)を支援する方法はたくさんあるが、重要な方法の一つは毎年恒例の友達キャンペーン(Friends of the GVJCI)を利用することだ。2016年に始まったキャンペーンが毎年成長し続けることを願うGVJCIは、21年に多くの人の参加を呼び掛けている。友達としての支援は、GVJCIの継続的な成功を確実にするのに役立つ。この前例のない時代に、友達としてのサポートが今まで以上に必要とされている。そこでGVJCI開発委員デレク・オイさんが、GVJCIの友達として同館を支援するシニアのヘーゼル・シマブクロさんに、コミュニティーへの参加の魅力を聞いた。

1 2 3 11